テニス ダブルス

ストローク

テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

ストロークで相手の足元を狙うシチュエーション、ネットプレイヤー相手には多いですよね。

高い位置でボレーさせてしまっては決められてしまう、ので足元でローボレーをさせたい。

ですが、足元を狙い過ぎてしまうと・・・そう、アナタ自身もネットミスが増えてしまう。

大事なのは、ストロークでの狙いをどこに置くか、です。

 

テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

 


 

■ネットプレイヤーには、どんどんミドルボレーをさせよう!

私の感覚では、ミドルボレーは怖く無い。

腰あたりの位置、でネットから少し離れた位置でボレーされる分には、脅威に感じることはありません。

逆に膝より下を狙い過ぎて、ネットミスになる方が確率としては高いでしょう。

ミドルボレーを相手にさせる、つまりは腰の位置くらいを狙う意識で充分。

腰の位置であればネットよりも少し高い位置、ですのでプレッシャーも少ないはずです。

 

■高い打点で打てるときに、初めてひざ下を狙う

アナタがチャンスを引き出して、高い打点で打てるときにはひざ下を狙うことも出来る。

この段階まで、しっかりチャンスを待ちましょう。

低い打点から、低い位置には打てない。

テニスではネットという障害物がありますからね。

自分の攻撃していくタイミングを、ネットプレイヤー相手には間違わないように注意しましょう。

 

■低いボールよりも、もっとロブを使おう!

足元にばかり意識がいくと、攻撃も単調になります。

沈めてくる相手に対しては、前に詰めれば怖く無い。

私なら、そうします。

だからこそ、ロブが必要なんです。

ロブで相手を下げさせる、ことが出来れば足元に打てる範囲を拡げていけるのです。

そう、ネットから下げさせる冷静な判断に基づくロブ、は沈めるショットとセットで絶対に必要です。

 

とにかく試合では、慌てず相手にボレーさせましょう。

そして慣れてきたら前に詰めて来る、のを想定してロブを用意しておく。

しっかりラリーをしていく自信が出来れば、ネットプレイヤーは怖くありません。

プレッシャーに感じるのは、自信が無いから。

自信を養うには、練習と実践しかありません。

どんどんチーム内でも、ボレーヤーに対してのメニュー、増やしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!

    試合の中で、ラケットを振りきれない人は攻撃が出来ない。せっかく…

  2. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です

    深いストロークの返球、試合では難しいですよね。ボールの威力が凄…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

  4. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する

    試合の中で、ストロークを打ち込める場面。高い打点で前に入って、…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡がらない

    ATPファイナルの試合を観ていても、大きく相手に振られた際にはスライス…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習と…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ
  4. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう…
  5. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意
PAGE TOP