テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

これは、一つ私からの提案です。

相手が雁行陣、後衛の選手がストロークを打とうとする。

その時に、もしスライスのような構えになったら・・・アナタ側のペアは思い切った作戦、に出ても良い。

ぜひ、新しいことにトライする気持ちで読んでみて下さい。

 

ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

 

1.スライスの構え、を見逃すな!

相手のスライス、の場面、見逃さないこと。

テイクバック、でラケットの構えを見れば気付くはずです。

高い位置、ラケット面がスピンとは違いますから。

「次はスライスだ!」と思ったら、前衛は思い切ってクロス方向への返球を予測して、センターストラップ近くまで動く、クロスコートを担当する。

後衛の選手は、前衛がいた側のサイド、を担当するように動く。

つまり、相手がテイクバックして打ち出す、その瞬間に担当エリアを変えてしまうということです。

 

2.クロスへの緩い返球、は前衛が潰す

そのままスライスでクロスへ緩い返球、が来ればしめたもの。

待っていた前衛がしっかりボレー、で攻撃してフィニッシュ。

じゃあストレートやロブで展開されたら・・・これも、焦る必要はありません。

スライスですからスピードは出ない、先回りしていた後衛の選手で充分に対応出来るはず。

ここからも、しっかり攻撃していきたいんですよね。

相手からすると、上手くかわしたつもりが後衛も早く動いていて、しっかり攻撃される。

これって、最高にプレッシャーなんです。

 

3.相手が打つ少し前、に動いて全然OK

ある種の、作戦ですから、これは。

相手が打つ前、に動いて良い。

事前にスライスをよく使う相手なら、「チェンジしよう」とペアで話しておきましょう。

そうすれば、前衛はもう完全にストレートを捨てて動けますからね。

捨てきれない迷い、が少しでもあればクロスコートの厳しいコース、ショートクロスのようなボールは触れない。

捨てて走る、ことが出来れば思い切れますから。

 

4.一度成功、してからが本当の勝負!

「やられた・・・」と、相手は感じるでしょう。

作戦が成功しても、しなくても、実に嫌だと思います。

自分のスライスが読まれている、前衛にチャンスだと思われている、と感じるでしょうから。

そうなってからが、本当の勝負。

全く同じ作戦、を繰り返すのも良いし、前衛が動くフリして誘う、のも有りですね。

とにかく、何かしらのアクションを続けていくということが大事。

よく作戦が成功して、それで満足して辞めちゃう人も多いじゃないですか。

それって、もったいない。

一つ用意した作戦が成功したら、その副産物でもっと取れるポイントがある、はずですからね。

 

チェンジプレー、サーブからは使うけど・・・というペアの方は、もったいない。

もっと相手がスライス、の場面で使っていきましょう。

前衛の動きを見て、後衛がお約束のように反応する。

試合の流れ、一気に変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、「ストレートケアしている前衛」ほど、ストレートを抜かれていくのか?を考えてみる

    決して皮肉ではなく、事実だと思いませんか?ダブルスの試合で、「…

  2. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

    私は何度も、前衛はなるべくロブを後衛に負かせないで、スマッシュを打つ方…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう

    ダブルスの試合での、守備の基本。相手のスマッシュチャンス、にな…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

  6. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
  4. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう
PAGE TOP