テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

これは、一つ私からの提案です。

相手が雁行陣、後衛の選手がストロークを打とうとする。

その時に、もしスライスのような構えになったら・・・アナタ側のペアは思い切った作戦、に出ても良い。

ぜひ、新しいことにトライする気持ちで読んでみて下さい。

 

ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

 


 

1.スライスの構え、を見逃すな!

相手のスライス、の場面、見逃さないこと。

テイクバック、でラケットの構えを見れば気付くはずです。

高い位置、ラケット面がスピンとは違いますから。

「次はスライスだ!」と思ったら、前衛は思い切ってクロス方向への返球を予測して、センターストラップ近くまで動く、クロスコートを担当する。

後衛の選手は、前衛がいた側のサイド、を担当するように動く。

つまり、相手がテイクバックして打ち出す、その瞬間に担当エリアを変えてしまうということです。

 

2.クロスへの緩い返球、は前衛が潰す

そのままスライスでクロスへ緩い返球、が来ればしめたもの。

待っていた前衛がしっかりボレー、で攻撃してフィニッシュ。

じゃあストレートやロブで展開されたら・・・これも、焦る必要はありません。

スライスですからスピードは出ない、先回りしていた後衛の選手で充分に対応出来るはず。

ここからも、しっかり攻撃していきたいんですよね。

相手からすると、上手くかわしたつもりが後衛も早く動いていて、しっかり攻撃される。

これって、最高にプレッシャーなんです。

 

3.相手が打つ少し前、に動いて全然OK

ある種の、作戦ですから、これは。

相手が打つ前、に動いて良い。

事前にスライスをよく使う相手なら、「チェンジしよう」とペアで話しておきましょう。

そうすれば、前衛はもう完全にストレートを捨てて動けますからね。

捨てきれない迷い、が少しでもあればクロスコートの厳しいコース、ショートクロスのようなボールは触れない。

捨てて走る、ことが出来れば思い切れますから。

 

4.一度成功、してからが本当の勝負!

「やられた・・・」と、相手は感じるでしょう。

作戦が成功しても、しなくても、実に嫌だと思います。

自分のスライスが読まれている、前衛にチャンスだと思われている、と感じるでしょうから。

そうなってからが、本当の勝負。

全く同じ作戦、を繰り返すのも良いし、前衛が動くフリして誘う、のも有りですね。

とにかく、何かしらのアクションを続けていくということが大事。

よく作戦が成功して、それで満足して辞めちゃう人も多いじゃないですか。

それって、もったいない。

一つ用意した作戦が成功したら、その副産物でもっと取れるポイントがある、はずですからね。

 

チェンジプレー、サーブからは使うけど・・・というペアの方は、もったいない。

もっと相手がスライス、の場面で使っていきましょう。

前衛の動きを見て、後衛がお約束のように反応する。

試合の流れ、一気に変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

  4. テニス ダブルス
  5. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう

    ダブルスの試合で、前衛にいるとき。ポーチに出るか出ないか、迷っ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い
  2. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない
  3. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出…
  4. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い
  5. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
PAGE TOP