戦術

ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

ダブルスの試合で、前衛を攻撃していく。

これは、みなさんも出来るようになったはず。

でも、その攻撃って1回で終わってはいませんか?

何となく返球されたら、こちらも熱が冷めてしまう。

強い前衛って、そのあたりの反応はお見通しなんですよね。

 

ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

 


 

1.前衛にアタック!で、その後は・・・?

みなさん、ダブルスの試合中でどうでしょうか?

前衛をアタックして、そこでボレーで返される。

その後のプランは、しっかりありますか?

これが無いと、ただ後衛につなぐような感じになって、攻撃から一転守りになってしまう。

これでは、もったいないですよね。

せっかく前衛を攻撃したのに、対応されて諦める。

こうなる前に、考えておくことが大事です。

 

2.私なら、2球連続で突いていく

これが結構、インパクトのある攻撃になります。

まさか相手も、2回連続で来るとは思っていない。

圧倒的に、「自分が狙われた」と思いますからね。

前衛にいる自分が狙われている、ということは、かなりショックなはず。

ボレー対ストロークですが、ストローク側のアナタ自身が強気に出て良いと思いますよ。

しっかり、2回連続で攻撃する。

そのつもりで、1球目から打つことが私は大事だと思います。

 

3.2球目に動いて来る前衛、が多い!

特に、ミックスダブルスでの男性でしょうか。

男性が前衛にいるときに、一度ボレーで触って…その後も、どんどんポーチで動いて来る。

こういうケース、試合で多いと思いませんか?

相手の前衛も、「次は一旦、つないでくるな」と読んでいるから、思い切ってポーチに動けるんです。

2球目に動いて来る相手にも、2回連続で前衛を攻撃することで自然なパッシングショットになりますからね。

それをけん制する意味でも、ぜひ試合の序盤に2球連続で前衛を攻撃すること、大事です。

 

4.「前衛を恐れていない」という、最大のメッセージ

ダブルスの試合では、これを相手に送りますよう。

送り続けること、が大事なんです。

「私たちは、前衛を全然怖がってないよ!」というメッセージを、ショットで示していく。

2回連続で前衛を攻撃するなんて、かなり勇気が要る作戦ですからね。

相手に見せつける、のが目的ですので、失敗しても良いんです。

こういうポイントの印象は、試合の後半までずっと、残っていますから。

 

2球連続で前衛攻撃、空気読めていない感じ、になると思います。

それこそ、まさに褒め言葉。

ダブルスの試合、空気を壊す、流れを変えるような配球は絶対に必要。

ぜひ、騙されたと思って実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらない…

  2. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

    みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気にな…

  3. テニス 客観視
  4. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  5. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく

    長い試合に、決着を着けるとき。その時に、「疲労の度合い」が大き…

  6. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?
  2. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  4. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークでダウンザライン」に打てないと、シングルスの試合では相手…
PAGE TOP