ストローク

並行陣を崩すショートクロス、これで良い

相手が前に出て来て、並行陣。

アナタ自身、ここでどういう対抗策があるでしょうか?

ロブ頼み?それでは相手が下がったら、もう打つ手無し。

ロブが使えるなら、しっかりショートクロスも磨きましょう。

みなさんが思っている以上に、もっと山なりで良いし、相手に触らせて良い。

特に、下がり気味の並行陣ならこれで充分ですよ。

 
 

相手の並行陣、ポジションは?

相手によって、微妙に違う

みなさん、もっと試合でよく相手を見ましょう。

並行陣と言っても、そのポジションは微妙に違います。

特に、後衛のポジションですね。

サーブ&ボレー、またはリターン、アプロ―チの後で、どのポジションにいるのか。

微妙な違い、本当に少しの前後差ですが、この差に合わせてショートクロスも使い分けていきたいところです。

女子ダブルス、男子ダブルスの違い

この差、かなり大きいですよね。

一般的にですが、女子ダブルスの並行陣は少しネットから遠め、男子ダブルスは近め。

ロブの多さ、また後ろに下がる脚力、に影響してポジションは少し違います。

もちろん、その中でもまた学生、ベテランのカテゴリでは違うでしょう。

大事なのは、アナタ自身が相手を見て正確に位置を把握すること、です。

もし、サービスライン前後のポジションなら

相手の並行陣の後衛が、サービスライン前後なら。

ショートクロスが、すごく効きます。

ネットから遠い位置に立っているので、前に沈めるスペースはかなり空いていますよね。

ここにバウンドさせてあげれば、立派なショートクロスが完成。

つまり、ネットの高い位置、1メートルくらいネットより高いところを通す感じで、充分なんです。



センター近くを通過して、シングルスサイドラインへ

相手が詰めていないなら…

何も、気にしないでOK。

「沈めないと、叩かれる…」という恐怖心、捨てましょう。

並行陣だからと言って、怖がる必要はありません。

だって、前に詰めていないんですから。

だから、ネットの高い位置を通過させるショートクロスでも充分に有効なんです。

狙いはシングルスのサイドライン

厳しいところを、狙い過ぎないこと。

これが何より、ショートクロスの基本です。

ですから、ダブルスですけどシングルスのラインを狙って良い。

相手に触らせて、崩すショットですから。

並行陣相手に、自分はこれが使えるんだと。

そう考えておくこと、練習から意識を醸成してくこと、が大事です。

打てないんじゃなくて、打っていないだけ

「ショートクロスは、レッスンでもやるけど難しい…」という方も、多いですよね。

でも、それは誤解です。

針の穴を通すようなコントロール、必要ありません。

打ってみれば、それで良いんです。

相手からすると、多少甘くても新しいショット、ロブの対局のショットを打たれる方が嫌ですよ。

打てば変わる、強くなる。

それがショートクロスです。

   

前に詰めて来る、男子ダブルスなら

一度ロブを打って、揺さぶる

相手をまず、下げさせましょう。

ネットに2人で詰めて来るような相手は、ロブを使ってポジションを下げる。

その後に、ショートクロスを使う。

この順序を守れば、そうやられないでしょう。

いきなり強引なショートクロスから入ると、それはもうミスの雰囲気しかない。

一度ロブを混ぜる、相手のポジションを見る余裕が欲しいですね。

大事なのは、振り切ること

これは女子ダブルスでのショートクロスでも言えますが、振り切りましょう。

ボールの軌道、コースは甘くて良い。

でも、置きにいくようなショートクロスだけは、ダメ。

これではボールが落ち切らない、サイドアウトしがちなんです。

自信も持てないまま、ですからね。

並行陣相手、相手がネットに出てきても、振り切ることを意識する。

そうすれば、ネットを越えてしっかり変化してコートに入るボール、になりますよ。

低い位置でボレーさせて、前に入ろう!

とはいえ、アナタ自身も前に入らないと。

ずっと後ろでプレーしていては、並行陣相手に苦しくなります。

ショートクロスを打って、相手に低い位置で打たせて前に入る。

この形、ぜひ意識して練習してみて下さい。

ショートクロスを打つことを覚えれば、その次のボールから攻撃出来てテニスの幅が拡がるはずですよ。



正直、試合で打つのは怖いですよね。

でもその怖さ、ミスに対するものならもったいない話です。

相手に決められるなら良い、くらいの感覚でどんどん打ちましょう。

強引に引っ張ってサイドアウト、だけはしないように。

打てば打つほど、ダブルスが上手くなるのがショートクロスです。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事です

    相手のストロークが速く、深いときに、どんな対応ができるのか。し…

  2. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

    「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。…

  3. ストローク

    攻撃的なスライス、防戦一方のスライス

    みなさんは、自分のスライスショットについてどう考えていますか?…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

    テニスの試合、特にダブルスですね。試合を動かす、思い切ったショ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから

    テニスの試合に相手って、ストロークですごく威圧される感じ、ありますよね…

  6. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

    テニスの試合でストローク、バンバン調子良さそうに打っていても・・・ふと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
  2. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  4. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で
PAGE TOP