テニス ダブルス

ストローク

テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です

ショートクロスを試合の中で使っていく。

テニスの試合に出ている人であれば、これはなかなか勇気が要ることだと理解して頂けると思います。

ネットにかかる可能性もあるし、甘くなれば相手のチャンスになる、サイドアウトの可能性も高い。

まず安定させる為には、ストロークと同様に「高さと回転量」が欲しいところ。

その理由について、理解を深めておきましょう。

 

テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です

 

1.テニスではネットの両端は、高さが高い!

テニスのネットは真ん中が低く、両端が高い。

この数cmの高さの違いは、結構大きいことを改めて意識しておきたい。

だからこそ、低くて速いボールはまず入らない。

高いボールで、回転量が多く少し遅めのボールだと時間も作れる。

自分で「良い軌道」のイメージを作れるように、もし時間があれば上手い人やプロ選手の動画を自分でチェックしてみる。

きっとアナタが思っているよりも高く、速度も遅いはず、です。

 

2.「顔を残して、打つ方向を見ない」だけで、絶対軌道は良くなる

ショートクロスは難しい・・・と感じている人も多いと思いますが、コツはいたってシンプル。

しっかり打点に顔を残して、ラケットを振り切る、打つ方向を見ないように横向きをキープする。

これだけで、絶対に精度の高いショートクロスは打てるようになります。

相手がいる場所、確かに気になりますがまずは良いショットを打つことに集中しましょう。

顔を残して打点を前に取れば、自然に良いスピン回転もかかるはずです。

 

3.ショートクロスは「打った次の動き」で、ポイント奪取率が決まる!

ショートクロスはそれ1本で決まるショットではない。

相手を動かして、ダブルスであればそこから前衛が動いてポーチに出てもらう。

シングルスであれば自分が前に動いて、その次のボールで仕留められるのが理想ですね。

その為にも、打ち終わりのフォームも出来るだけコンパクトでシンプルに。

いくら良いボールを打っても、自分がよろけているようでは結果的にポイント奪取に繋がりません。

 

スピンとスライス、この2種類のショートクロスを打ち分けられるようになれると、テニスに幅が出る。

ダブルスで、「もう打つところが無い!」となるのは、このショートクロスという選択肢が無いから。

ショートクロスを打ってくる相手に対しては、おのずとサイドより、前寄りにポジションを取らざるを得ない。

そうなると、センターと後ろが空きますよね。

武器を作れば、相手は警戒してくれてコースが空く。

さぁ、一緒に練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くしてみよう

    ストロークの打点が毎回違う人は、試合で安定感が無い。打点が変わ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

    試合で一番落ち込むのって、何でしょう。ダブルフォルト?…

  3. テニス フットワーク
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  5. テニス メンタル
  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲーム…
  2. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  3. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る
  4. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い…
  5. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い
PAGE TOP