ストローク

ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!

と考えている方は、きっと本当に試合に出ていて勝ちたい人。

だからこそ、私は応援したいと思っています。

今回は、そのショートクロスをしっかりコントロールする、大切なポイントをお伝えします。

 

ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

 

1.一番のポイントは、早い決断力

結論から言えば、ショートクロスは打点を前に確保しないといけない。

逆クロス、へのショートクロスなら多少打点が後ろでも大丈夫ですが、基本ショートクロスは打点を前!

普通のストローク、よりも20cmくらいは前で良いと思いますよ。

そのために、必要なのは決断力。

ショートクロスを打つ!と決めたら、早い準備から早い振り出し、全ての動作を早くしないとダメ。

だからこそ、その為の決断力は更に早く!が大原則です。

 

2.鉄板のパターン、をイメージしておこう

例えば、ショートクロスが有効なのってどんな場面でしょうか。

ダブルスなら、相手並行陣の後衛にファーストボレーをさせて、甘いボールを引き出してからショートクロスで仕留める。

この甘いボールを引き出して、攻撃出来る、という場面に慣れないといけませんね。

鉄板のパターン、があるから決断力も早くなる。

もう、このパターンはショートクロスを打つぞ!と決めている感じ、ですから。

鉄板パターン、を作って引き出す、ことをしっかり意識すること。

これがショートクロスマスターへの第一歩です。

 

3.軌道は高く、身体が開かないようにだけチェック

具体的な打ち方、はこの基本を大事にしましょう。

まず、軌道は高く。

ショートクロスのショット、ネットするのが一番もったいない。

ネットさえ超えれば、相手は触ってくれるかも知れないですしね。

打つ前に身体が開いてしまうと、それはもうネットの可能性大。

しっかり引き付けて、打点を前で振り切る、顔を残す。

この意識だけしっかり持って、試合に臨みましょう。

 

4.振り切る人が、ショートクロスを身に付けていく

でも、なかなか上達しない、上手くいかない人も多いでしょう。

そういう人は、ほとんど「ラケットを振り切れていない」状態の人が多い。

やっぱり、怖いんですよね。

どこかで、置きにいくようなショット、ビビった感じの振りになっているケースが多い。

早く決断して、軌道高く振り切ること。

これでショートクロス、も試合で使える武器になるはずです。

 

イメージ出来たら、とにかく打ってみる。

どの程度の軌道で、どこを通せば相手は嫌なのか、が分かるはずですから。

まず、ショートクロスの必要性を感じている段階で、アナタにはチャンスがある。

しっかり使える人、なかなかいないですからね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる

    テニスの試合はミスが多い方が負け。攻撃もするんだけど、その攻撃…

  3. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

    自分のプレーを見直したいとき。この基本を、まずは意識してみて欲…

  4. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  5. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

    ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。打ち終わりが違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない
  2. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない
  4. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?
PAGE TOP