テニス 観察

メンタル

テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日は書いておきたいと思います。

彼は大学体育会テニス部のキャプテンとして、日々練習メニューを考えたりしながら、勝てるチームを目指して頑張っているとのこと。

それでも、実際には「空回り状態」になってしまうことも多く、辞めていってしまう部員もおり悩んでいるようでした。

同じような悩みを抱えているテニス部のキャプテンや部長の皆さん、もう少し楽に考えてみませんか?

 

テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

 


 

■まずはしっかり仲間と観て、それから話を聞いてみる

テニスは個人競技。

とはいえ、チームで成長していかない限り、アナタ自身の個人の成長も難しい。

日々の練習の精度を上げてこそ、テニスの実力はレベルアップしていくもの。

つい、テニスに対して真剣であるがゆえに仲間とのコミュニケーションも少なくなってしまい、誤解を生んでそのまま歪みになってしまうようなケースが多いようです。

キャプテンであるアナタは、仲間のことをどれくらい知っていますか?

どれくらい日々、観察していますか?

しっかり観てあげたうえで、相手の話を聞いてみる。

どんな考えなのか、テニスについてどう考えているのか、学業とのバランスは・・・という、少し重たいテーマでも、話を聞いてみることが第一歩。

その大前提としては、しっかりと相手のテニスを観てから行動に移す、です。

 

■人はどこかで「自分を観て欲しい、認めて欲しい」と願っている

きっとしっかり観てくれていると分かれば、アナタの話にもきっと耳を傾けてくれる。

「ボレーを最近変えようとしてるけど、上手くいってる?」というような、些細なことでも全然OK。

練習メニューを提示してただ押し付けるのではなく、一緒に同じ方向を向いていこうという意志表示になります。

アナタ自身も経験があると思いますが、人は必ず、誰かに認められたいと心の願っている。

身近なキャプテンが観てくれている、と感じるだけで、部の雰囲気はがらっと変わるでしょう。

 

■全てをキャプテン一人で背負わず、一緒に悩んで前を向いていくチームに

強いチームは、とにかくコミュニケーションが盛んです。

キャプテンもどんどん1年生に話しかけるし、練習メニューの提案は下級生から出て来る。

「そんなの、理想論だ・・・」と思っている方、きっと少しのアクションで波が出来ることを、まだ知らないだけの話。

悩んでいるということは、上手くなりたい、もっとよくしたいという心の底からの想いがあるからこそ。

とにかく周りに話してみるよう、一度勇気を出してみましょう。

毎日繰り返している練習や習慣、全て「こうあるべき」というものなんて無い。

だから今いるメンバーで話して、より良いものに変えていくことが大事なのです。

 

堅い感じになってしまいましたが、まずは、「色々周りの人と、もっと話してみようよ」ということ。

みんなテニスが好きで、試合にも勝ちたいから頑張っている。

少し人に話すだけで気も楽になりますし、話しかけられたほうも楽になる。

まずは仲間をしっかり観てみましょう。

そしてその後は、しっかりチーム内で競争です。

きっと新しい発見とチームを強くするヒントが、そこにはあるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. メンタル

    集中力を高めて、ミスを減らすには?

    基本的なミスを、減らしたい。誰もが、テニスの試合で考えること…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

    テニスを続けていると、色々な人と出会う。高校、大学までは部活や…

  3. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ

    テニスの試合、自分たちをどうしても信じられない、メンタルが弱いと感じて…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

    テニスは残酷なスポーツ。シングルスで結果が出なければ、全て自分…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない

    「全てのボールには根拠がある」というのは、野球で名監督として実績を残し…

  6. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる

    先ほど終了した全豪オープン4回戦、錦織選手とフェデラー選手の試合。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう
  2. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
  4. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  5. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
PAGE TOP