テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ

テニスの試合は、非日常の世界。

誰かと真剣勝負、なんて場面は日常生活ではそう多くありませんよね。

だからこそ、「日常の何気ない習慣」が試合に影響してしまう人は、多い。

テニスというスポーツにおいて、日々の習慣が試合で活かされる場面、どんなことが考えられるでしょうか?

考えてみると、面白いです。

 

テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ

 


 

1.計画性のを持つ

テニスの試合は準備で決まる、といのは何度も書いてきました。

ラケットバッグを前日までに準備出来るか、また作戦をしっかりノートにまとめられているか、コート上での不測の事態に対応出来る、出来る限りのことをしているか。

普段の皆さんの生活の中にも、共通する準備力は心当たりがあるはず。

テニスの試合でしっかり準備したければ、毎日の生活からの事前準備を徹底するのが大事です。

 

2.チャレンジ優先

日々の生活の中で、新しいことに何かトライ出来ているか?

出来ていない人が、いきなり試合の中で新しい作戦や大胆なことが出来るとは思えない。

小さいことでも良いので、日々の勉強や仕事を自分なりに工夫してみる、失敗してみる。

そしてめげずにまたトライしていく、ような姿勢や習慣がある人は試合で強いでしょう。

 

3.観察する眼を持つ

人を観察し、何かを察知する。

テニスの試合では、試合が始まる前のウォーミングアップ、そして試合の序盤でどれだけ「相手を観察」出来るかが勝負。

漠然と毎日を過ごして、必要最低限の人しか目にしない、会話しない人は試合で勝てない。

なぜなら、絶対量の観察眼が抜けているから。

そして人に対しての興味も薄れている、という意味でテニス向きでなくなっている可能性大。

試合ではまず相手に興味を持って、深く知ろうという気持ちが大事です。

 

4.結果にこだわる

毎日の生活の中で、結果にこだわる。

学生さんならテスト結果、周囲の人からの評価。

社会人や主婦の方も同じですね。

仕事や周り、そして自分からの評価として、周りで起きることに「結果」を求めているかどうか。

そしてその結果に対して、自分自身に対して厳しい眼を向けているか、は大事な習慣です。

毎日を平々凡々と過ごして、テニスの試合だけ勝とうなんて難しい、のは明らかです。

 

習慣を大きく変える、には思い切ったスタートが大事。

テニスの結果に影響するかどうかはお約束出来ませんが、夏休みも終わり秋が始まるこの季節。

1年の中で、第2のスタートを切りやすい時期でもある。

昨日と、そして明日と同じような毎日を少し、刺激的に変えていってみませんか?

きっとテニスも変わってくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. + POWER CUP について
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要

    本気でテニスを強くなりたいなら、何が必要でしょうか。時間?環境…

  2. メンタル

    勝った負けたより、真実が明らかになるということ

    試合に出ていれば、必ず勝敗はついて回ります。だからこそ、達成…

  3. テニス サーブ
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

    テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

    なかなか自信が持てない、試合で勝てるイメージが持てない人。そん…

  6. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

    自分の本当の実力、どれくらいなんだろう。この疑問を常に持ち続け…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?
  3. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい
  4. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしてい…
  5. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である
PAGE TOP