テニス ストローク

ストローク

シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

最近のシングルスの試合での流行、の一つがショートクロスの使い方にある。

ジョコビッチ選手や錦織選手が、特にフォアハンドで使う機会が増えて見直されているように思います。

エースを獲る訳じゃなく、相手の態勢を崩して次で大きく展開していくためのショット。

難しいイメージがあるショットかも知れませんが、きっとアナタでも使えるようになるはずです!

 

シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

 


 

■そもそも、「ショートクロス」ってどんなショット?

文字通り、短くクロスに打つストロークのショット。

ネットプレイヤーの相手の足元に落としたり、並行陣を崩すためのショットとしてのイメージが強いですが、実際はシングルスでのベースラインでの打ち合い、にも大活躍。

深ければ良い、というストロークの発想は少し時代遅れ。

むしろ浅く打って相手の態勢を崩す、コートの外に追い出すにはストロークにもショートクロスのような「浅さ」が必要になります。

 

■まずは、サービスエリアにバウンドさせればOK!

狙いは最初はシンプルに。

アナタのストロークを、サービスエリアの中にバウンドさせるように打ってみましょう。

「え?それじゃただの浅いストロークで、危険じゃ・・・」と思った方、確かにその通り。

ここから徐々に、バウンドする箇所をサイドラインに近づけていく。

いきなりサイドラインを狙っても、引っ張り過ぎてミスになるだけ。

まずは浅く打つ、その為の回転量や打点、グリップを身に付けることが先決です。

 

■回転量を多くする為に打点を前、高い位置で打てればGOOD

成功の秘訣は、まず高い打点。

高い打点で打てれば、それだけ軌道も高く出来ますしネットミスが減る。

それからボールに与える回転量は、普段のストロークよりも多めに調整したい。

フォアハンド、であれば少しグリップを厚く握って打点をいつもの10cmくらい前、で打ってみましょう。

ラケットを横振りにするのではなく、あくまで縦スウィングで回転をかける。

スピンのバリエーションを増やしていけるように、練習してみましょう。

 

これから全米オープンも始まります。

よく弾むハードコートでは、こういったショートクロスを多用した攻防も見所の一つ。

ぜひ、意識して選手を観察してみてください。

「どんなタイミングで、どういう打ち方で打っているのか?」

片手バックハンドでも、使えるショットになるはずです。

きっと、すごくシンプルな感じだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ボレー

    ストローク

    鋭いスライスって、どうやって打つ?

    鋭いスライスが、武器の選手。これは、ベテランやシニアのプレイヤ…

  3. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです

    「回り込んでのフォアハンドなんて、プロ選手の技術」「フットワー…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて
  3. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  5. ダブルス

    前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事
PAGE TOP