テニス メンタル

メンタル

自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。

ですが、試合に勝ちたい、今より強いテニスにしていくには謙虚に学ぶ姿勢は最低限必要。

でも、こんな人・・・結構周りに多くないですか?

口では謙虚でも、心とかけ離れている人。

意外と、周りからはバレバレですよ。

自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

 


 

1.口では「教えて!」と言ってるけど・・・

私もたくさん、テニススクールや部活で観てきました。

一見謙虚でテニスに一生懸命、学ぼうと色々聞いてくる・・・。

でもその人は、「自分を褒めて欲しい」だけ。

自分自身にテニスのセンスがあって、上手くなるのが当たり前と心では思っているので、アドバイスを選んでいる。

自分の耳が痛い言葉は、聞いているだけで実践しない。

口では謙虚に言っていますが、行動が伴っていない人は大抵コレ。

どこかで自分は「センスがある」と勘違いしているんです。

2.仮にセンスがあったとしても、それは仇となる

もし仮に、すごく優れたセンス、感覚があったとしましょう。

最初はそれだけで、上達も早い。

ですが、言うまでもなく必ず壁にぶつかります。

そして、地道に努力してきた人と違って、その壁は高く乗り越え慣れていないから、しんどくなる。

中途半端にセンスがある人は、テニスの試合で勝つのが難しい。

3回戦を突破する、くらいで結果が止まる。

そしてラケットを置いていく・・・ような選手、実はたくさんいるような気がしてなりません。

センスって、あったらあったですごく危険、なんです。

3.テニスを教わりたければ、本気で自分を変える覚悟から

「本気の覚悟」は、人に伝わる。

特に実力のある指導者や、著名なコーチはすぐ分かる。

「あ、コイツは本当に変わろうとしているな・・・」と。

センスがある人は、自分を変える必要性を感じない。

それもまた、すぐ伝わる。

アナタ自身・・・どうですか?

本気で自分を変えたい、進化させたいと思ってコートに立てていますか?

 

この自問自答は、常に繰り返してこそ強いテニス選手になっていくのです。

私自身、苦い反省をもとに書いています。

センスがある、と思って自分を信じてやってきた時期もありました。

そう思うことで、自分は他とは違うと思いたかった。

でも、それって虚栄でしかない。

センスはなくて良い、ないからこそ変化出来るし新しいものを取り入れやすい。

そう考えてみると、楽になりませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. + POWER CUP について
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

    テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでし…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく

    皆さんの周りでも、こんな人いませんか?練習中から、やたらと「し…

  3. メンタル

    結果と姿勢は、分けて考える

    何か手応えがあるのに、結果が伴わない時。みなさんも、テニスを…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない

    試合の中で、なかなか調子が上がらない。そんなときに、つい「良い…

  6. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?
  3. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
  4. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  5. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけ…
PAGE TOP