ストローク

「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい

「すぐに試合で勝てるようになりたい!」と、思っている方は多いと思います。

正直、私自身もそう・・・です。

ですがなかなかそう簡単にいかないのが、テニスの試合ですよね。

それでも、何か一つ発想を変えて「試合に勝ちやすくなる」ことが出来る可能性が高い、技術をオススメするとなるとコレです。

回り込みのフォアハンドストローク、打つ機会を増やしてみませんか?

 

「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい

 


 

1.試合の中でフォアハンドストロークを打つ回数は、増やすことができる

「私はフォアハンドよりバックハンドのストロークの方が得意!」という方も、一度聞いて欲しいお話が。

安定感で言えば確かにバックハンドストロークの方が安定している方は、特に女性では多いと思います。

ですが試合の中で安定した「攻撃力」があり、相手にとってプレッシャーを与えるには、やっぱりフォアハンドが有効。

回り込んで打つ機会、意識して増やすことが出来れば、それだけで試合に勝てるようになるはず。

バック側に来たボールをバックハンドで打っていては、それは相手の「バックハンド攻め」にまんまと乗っているということになるのです。

 

2.まずはリターンのポジショニングから、積極的に工夫したい

最初のチャンスはリターン、特に相手のセカンドサーブのときには工夫できるポイントがたくさんあります。

シングルスでもダブルスでも、セカンドサーブは「ゆっくり相手のバックハンド側」に入れてくるのが、試合では常套手段。

相手がトスアップをした瞬間に、ポジションをフォア側に移してグリップもフォアハンドで待ってみましょう。

まずは相手に、しっかり「フォアハンドで回り込んだ攻撃的なリターン」の格好を見せることが、何より大事。

回り込んで打ったボールが多少浅くなっても、相手の気持ちが引いていればそれも有効なショットになる。

心理的なプレッシャーは、相当与えることが可能です。

 

3.対戦相手はフォアハンドで回り込まれると、気持ちが受け身になる

アナタの経験で、考えてみて下さい。

対戦相手にどんどんフォアハンドで回り込まれると、心理的に追い込まれていくような感覚はありませんか?

相手がフォアで回り込んで、自分のバック側を攻撃されて辛かったこと・・・ありませんか?

初心者の方や試合で勝てない人ほど、「バック側にきたボールは、バックハンドで」打つ癖が付いているので、あまり回り込むという発想が無い。

これは非常に勿体無いこと。

積極的にグリップチェンジしながら、フォアハンドで回り込んでいく。

そうすることで、相手はより「厳しいコースを狙わないと・・・」と考えるようになり、結果的にミスしてくれる。

相手に自分のプレーで、どうプレッシャーをかけていくのか?

その手段で一番手っ取り早いのが、フォアハンドの回り込みを増やす、ということです。

 

「これだけで、簡単に勝てるの・・・?」と、疑問を持った方、それが自然です。

大事なのは、「回り込んでフォアハンドで攻撃していくストローク」の有効性に、この機会に気付くということ。

相手が後ろに下がってくれたり、コースが読めないような素振りをしてくれることを、自分の自信に出来るかどうか。

最初はミスしてもOK!

実戦でどんどん試していって下さい。

それで上手くいかない部分を、練習で修正していきましょう。

回り込んでのフォアハンド、男女年齢に関わらず、誰でも必ず武器になります。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?

    ダブルスの試合で、すぐにストロークのボールが浮いてしまうという方へ、…

  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    体幹を捻ってテイクバック、だからストロークに安定感が出る

    「準備が遅い!」と、何度も言われ続けているみなさん。ここはもう…

  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスのフォアハンドで身体が回り過ぎてしまう人は「ラケットを持たない手で止める」ことでコンパクトに打…

    フォアハンドが安定している人は、しっかり良いボールを打っているのにとて…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

    ストロークの準備が遅い人ってけっこう多い。中には、準備の遅さで…

  5. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  6. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

    片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?両手に比…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  2. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから
  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
  5. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?
PAGE TOP