ストローク

「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい

「すぐに試合で勝てるようになりたい!」と、思っている方は多いと思います。

正直、私自身もそう・・・です。

ですがなかなかそう簡単にいかないのが、テニスの試合ですよね。

それでも、何か一つ発想を変えて「試合に勝ちやすくなる」ことが出来る可能性が高い、技術をオススメするとなるとコレです。

回り込みのフォアハンドストローク、打つ機会を増やしてみませんか?

 

「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい

 


 

1.試合の中でフォアハンドストロークを打つ回数は、増やすことができる

「私はフォアハンドよりバックハンドのストロークの方が得意!」という方も、一度聞いて欲しいお話が。

安定感で言えば確かにバックハンドストロークの方が安定している方は、特に女性では多いと思います。

ですが試合の中で安定した「攻撃力」があり、相手にとってプレッシャーを与えるには、やっぱりフォアハンドが有効。

回り込んで打つ機会、意識して増やすことが出来れば、それだけで試合に勝てるようになるはず。

バック側に来たボールをバックハンドで打っていては、それは相手の「バックハンド攻め」にまんまと乗っているということになるのです。

 

2.まずはリターンのポジショニングから、積極的に工夫したい

最初のチャンスはリターン、特に相手のセカンドサーブのときには工夫できるポイントがたくさんあります。

シングルスでもダブルスでも、セカンドサーブは「ゆっくり相手のバックハンド側」に入れてくるのが、試合では常套手段。

相手がトスアップをした瞬間に、ポジションをフォア側に移してグリップもフォアハンドで待ってみましょう。

まずは相手に、しっかり「フォアハンドで回り込んだ攻撃的なリターン」の格好を見せることが、何より大事。

回り込んで打ったボールが多少浅くなっても、相手の気持ちが引いていればそれも有効なショットになる。

心理的なプレッシャーは、相当与えることが可能です。

 

3.対戦相手はフォアハンドで回り込まれると、気持ちが受け身になる

アナタの経験で、考えてみて下さい。

対戦相手にどんどんフォアハンドで回り込まれると、心理的に追い込まれていくような感覚はありませんか?

相手がフォアで回り込んで、自分のバック側を攻撃されて辛かったこと・・・ありませんか?

初心者の方や試合で勝てない人ほど、「バック側にきたボールは、バックハンドで」打つ癖が付いているので、あまり回り込むという発想が無い。

これは非常に勿体無いこと。

積極的にグリップチェンジしながら、フォアハンドで回り込んでいく。

そうすることで、相手はより「厳しいコースを狙わないと・・・」と考えるようになり、結果的にミスしてくれる。

相手に自分のプレーで、どうプレッシャーをかけていくのか?

その手段で一番手っ取り早いのが、フォアハンドの回り込みを増やす、ということです。

 

「これだけで、簡単に勝てるの・・・?」と、疑問を持った方、それが自然です。

大事なのは、「回り込んでフォアハンドで攻撃していくストローク」の有効性に、この機会に気付くということ。

相手が後ろに下がってくれたり、コースが読めないような素振りをしてくれることを、自分の自信に出来るかどうか。

最初はミスしてもOK!

実戦でどんどん試していって下さい。

それで上手くいかない部分を、練習で修正していきましょう。

回り込んでのフォアハンド、男女年齢に関わらず、誰でも必ず武器になります。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘るのは難しい

    ストロークのときの自分の軸足、意識出来ていますか?踏み込んで攻…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

    粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース…

  4. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出そう

    昨日はデビスカップ、観戦に行ってまいりました。改めてフランスチ…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について
  3. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブ…
PAGE TOP