テニス ダブルス

ボレー

ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。

並行陣でプレーしていくテニス、をテニススクールでも中級からは練習していくと思います。

そのときに、しっかりファーストボレーを相手コート深くに、打っていきたい。

それも浮いたボールではなく・・・ですね。

 

ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

 


 

■浮いたファーストボレーは、相手前衛の餌食になる

レベルが上がってくると、並行陣相手にリターンを沈めるのが当たり前。

いかにローボレーやハーフボレーを、「浮かさないか」が大事になります。

浮いていなければ、相手前衛がポーチに出てきても、さほど怖くない。

浮かないように、しっかり深く打つには3つのポイントがあります。

 

1.打点を前に取り過ぎない

焦って速くラケットを出してしまうと、ボレーが浮いてしまう。

しっかり引き付けて、横向きの体制でボレー出来ると抑えが効いた良いボレーになります。

慌ててラケットを前に出してしまわないように、まずはしっかりボールを見る、自分の間にまで引き付けることが大事。

リターンに怯えず、しっかりどっしり構えましょう。

 

2.目線を低くする

目線が高いと、自然とラケットと顔の距離が遠くなる。

遠くなると合わせるだけのボレーになって、ボールは浮いたような返球になる。

目線が低ければ、それだけしっかりボールにスライス回転をかけることが出来るので、抑えが効く。

ボールの下を打ち過ぎているときには、打点と顔の距離を近づけましょう。

 

3.しっかり相手が打つときに、止まること

スプリットステップは、しっかりタイミングが合ってますか?

相手がリターンする瞬間には、しっかりどちらに飛んできても反応出来るように準備する。

意外と、リターンしている瞬間にまだ前に走っている選手が多い。

また相手のレベルが上がればリターンも前に踏み込んでくる。

そんな相手には、意識してタイミングを速くステップを踏むことも大事です。

 

■スライス回転をかけるけど、ボールの下側を打ち過ぎない

そもそも、リターンにもかなり力がある。

ボール自体に力があるので、その向きを変えてあげるくらいの意識で、ファーストボレーはOK。

だからこそ、下側を打ち過ぎるとボールは浮いてしまいます。

ボレーですので、上から入ってしっかりボールの後ろを打つことが大事。

あくまでラケット面は上向き、ですがボールの下を打ち過ぎないようにしましょう。

 

しっかり意識すれば、ファーストボレーは変わります。

リターンを沈められたらお決まりのように浮いてしまう、ような選手は前衛の餌食になる。

サーブ&ボレー、で並行陣を武器にしたいなら「抑えが効いた」ファーストボレーは必須。

今一度、自分のファーストボレーの軌道に神経質になってみましょう。

並行陣、しっかり武器にしていきたいですね。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

  2. テニス 技術
  3. ボレー

    試合で相手にボレーされるの、全然怖くない!

    試合で、相手がネットに出て来る。パッと見、プレッシャーは凄いよ…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

    ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  6. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが変わる時、それは耳の痛い話から
  2. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
  3. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  5. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い
PAGE TOP