テニス ボレー

フットワーク

ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?

「足も遅いし身長も低いから、きっと守備力は低いな・・・」と思っている人、残念過ぎる。

実はテニスという競技も、自分の態勢を低くするだけで各段に守備力は上がる。

今回はその理由について、まとめてみます。

 

ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけで守備力は上がる

 


 

■低い態勢だと、ボールの「下側」を触れる!

守備、ということは、まずしっかり相手コートにボールを返球しないといけない。

しっかり返球する為には、ボールの下側を触って、山なりな返球にしないといけませんよね。

そう考えると、低い態勢で目線を落とす、足をしっかり開いてスタンスを広くする。

グリップはスライス、ボレーのグリップで、少し打点が後ろになっても対応出来るように準備しましょう。

自分の打ったボールが浮いてしまう、その瞬間から態勢の変更が求められます。

 

■低い態勢になると、実はアウトボールもしっかりウォッチ出来る

低い態勢で良いことは、まだたくさんあります。

守備力が高い、ということは相手のアウトボールを不用意に触らなくなる、ということ。

相手はチャンスを決めようと必死になっている可能性が高いので、当然ふかして「アウト」になるようなボールも増える。

そのときに、自分の態勢が高い、腰が浮いているような感じだと・・・触ってしまうと思いませんか?

低い態勢なら、ボールを下から見れるのでしっかりウォッチ出来る。

相手からしても、スタンスを広く守備している相手には力が入るもの。

どんどん力んでもらって、アウトを量産してもらいましょう。

それもアナタ次第です。

 

■低い態勢でも、背筋は伸ばして頭を下げないことが理想

人の身体は頭が重いので、無意識だとどうしても頭が下がりやすい。

守備力が高い低い態勢は、しっかり腰は落ちても背筋が伸びている。

頭は前を向いて、相手の打点、ラケット面をしっかり見て反応出来るように準備しないといけない。

チャンスボールを打たれるときにも、怖くても目線をそらしてはいけません。

どうしようもないチャンス、スマッシュは危ないときもありますが・・・。

しっかり背筋が伸びていれば、足元に打たれたボールも処理しやすい。

一度ダブルスから、試してみて下さい。

 

しっかり準備すれば、まだまだ守備力はアップ出来る。

相手の攻撃をいなして、またチャンスを待つ。

そうやって獲ったポイントって、きっと試合の流れを大きく変えていくポイントになるはず。

ダブルス巧者は、いつだって守備からの反撃や挽回を狙っている。

まずは低い態勢、を打った後にすぐ意識してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう

    フットワークの基本、だけど見落とされがちな基本。不思議と・・・…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

  4. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

  5. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

    テニスコートって広いのかなぁ。シングルスで一人の時は広く感じる…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  2. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう
  3. ストローク

    精度の高いドロップショットは、ココが違う
  4. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう
PAGE TOP