テニス メンタル

戦術

前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。

それは、「前衛が好きかどうか」です。

ボレーが得意で、動いて来るような相手、なら警戒しないといけない。

でも、実際はどうでしょう。

みなさんの周りにも、こういう人・・・多くないですか?

 

前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

 

1.苦手なところ、を突いていくのは試合の基本

前衛が嫌い、苦手・・・・な人、多いですよね、実際。

苦手なところ、を突いていくのが試合の基本。

ボレーが苦手そうな雰囲気って、すごく見て分かるじゃないですか。

ここを突いていく、のはダブルスの基本。

なぜか、ダブルスってボレーが苦手でも何となく「前衛にいないといけない・・・」と思って、みなさん前に来ますからね。

居心地が悪そうな人、がいたらどんどん狙っていきましょう!

 

2.「試合に参加させる」ことが大事

でも、相手だって試合に出てくる相手、ですから。

前衛にいるときに、狙われるのは慣れている可能性も高い。

あからさまに狙っても、意外と守備力は高いかもしれませんね。

ですので、有効なのは無理やり「参加させる」ということ。

例えば、ちょっとだけ前衛寄りに、後衛に返球してみる。

手を伸ばせば、ポーチ出来そうだけど・・・というようなボールで、誘ってみるんです。

前衛が苦手な人は、こういうボールは基本スルーする感じ、でしょう。

何度もスルーしているようなら、ちょっとずつコースを前衛寄りに変えてみる。

すると必ず、どこかで我慢できなくて触り出して来ますから。

そうなったら、波状攻撃のチャンスです。

 

3.触ったら、次のボール、その次も前衛の選手へ!

こちらの誘いに乗って来たら、後は集中攻撃!

とにかく、前衛にボールを集めて、連続攻撃を仕掛けていきましょう。

そして、「やっぱり、自分は参加しない方が良いな・・・」と、思わせる。

それでも、まだまだ誘いは続けていく。

すると・・・どうでしょう。

相手はきっと、仲間割れして雰囲気が悪くなってくると思いますよ。

 

4.遠慮なくセンターを狙うこと、が出来るから楽に戦える

こうなると、もうセンター狙い放題、ですよね。

相手の前衛がセンターのボールを触らない、というだけで、すごく楽。

試合の序盤にこれを使っておく、相手前衛の自信を喪失させておくこと、が大事なんです。

前衛が苦手な人、にはどんどん、ボレーで参加させる。

自分は関わらない・・・と思っている相手、をそのまま放置しておく手はありません。

ぜひ、みなさんのダブルスでも使ってもらいたい作戦です。

 

結構、女性に多いような気がします。

ボレーが苦手、とにかく前衛が嫌・・・という人。

こういう人を見つけたら、どんどん誘い球を使いましょう。

これだけでも、楽に勝てる試合、増えると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

    試合をたくさんこなしていると、皆さんも気付くことがあると思います。…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番

    試合の中で、ポイント間の時間ありますよね。この時間が、テニスで…

  3. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  4. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト

    試合の中で、やっと届いたボール。これが、返るのかどうか。…

  5. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

    みなさんの練習は、ある程度使い込んだ練習球。でも試合では、ほと…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない

    テニスの試合、先手必勝。これは、他のスポーツよりもより強く言え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、…
  3. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ
  4. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
  5. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?
PAGE TOP