テニス ボレー

メンタル

緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。

1つは、積極果敢に最後まで勝ちにいく選手。

そしてもう1つは、怯えて参加出来なくなる選手。

この2つって、結構大きな差になると思いますよ。

 

緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

 

1.序盤に動くことが大事!はもちろんだけど・・・

何度か、書いて来ました。

試合は序盤が大事、そのプレッシャーを試合の後半に活かしていく、ことは大前提。

でも、どうでしょう。

強い相手なら、アナタがいくら序盤に動いたり奇策を見せておいても、それが後半にプレッシャーとして効いてくるかは分からない。

だからこそ、後半にも手を残しておかないといけない。

ただラリーをつないでいるだけでは、絶対に強い相手には勝てないでしょう。

試合の終盤に、いかに積極的に動けるかどうか。

これは、テニスの試合ですごく大事、な要素です。

 

2.試合の終盤になると、ポイントの重みが変わってくる

実際、これがすごくプレッシャーになります。

40-40をどちらが取るのか、マッチポイントだってあるでしょう。

でも、考えてみてください。

それは相手も同じ。

だからこそ、セオリー通りに、手堅く勝負してくるはず。

ダブルスならポーチ、すごく有効になると思いますよ。

試合の終盤になると、動けなくなる前衛の人がほとんどじゃないですか。

ストレートを抜かれるのが、怖いから。

だからこそ、アナタ自身が積極的に動いていく、ことが大事なんです。

 

3.迷ったら動く、何かを捨てる!

これに限ります。

迷ったら、とにかく終盤でも積極策。

怖いですよ、実際。

でも、アナタが動くことで、相手にはより大きな恐怖心が根付いていくでしょう。

試合の終盤、ダブルスならポーチに出るしシングルスでもネットに出る。

これが、第一です。

何かを捨てて、勝負に出てこそ、勝利は得れる。

待っていても、競った試合をものにするのは難しいですから。

 

4.「自分を変える試合」を作ろう

もう、良いじゃないですか。

最悪負けても、良いと思って試合の終盤を変えてみる。

いつもの戦い方ではなく、自分から動いてみる。

そうすると、「あれ?今まで損してた?」と思うことでしょう。

こういう試合を、あえて作ってみる。

それも、大事な試合で。

負けるのは悔しいですけど、その後の100勝につながるくらいの価値がある。

アナタにその勇気さえあれば、ですね。

 

試合の終盤を、どう戦うのか。

これは、しっかり自分で考えておきましょう。

競った試合、その終盤、自分から動いていけるのかどうか。

さぁ、勝てる選手になっていきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う

    皆さん、テニスをやる理由は人それぞれだと思います。よくテニスス…

  2. テニス ミス
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、テニスを初めてからの時間の長さは関係無い!

    私は、改めて最近感じることがあります。テニスは経験が必要?…

  4. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!

    試合になると、練習の強気なショットはどこへやら。何度出て経験を…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    やってきたテニスに、影響を受けない人なんていない

    どうにも、何かを変えようにも難しい・・・。いや、それって当然な…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
  3. テニス 防寒

    テニス知識

    寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  5. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます
PAGE TOP