メンタル

「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

団体戦や応援の中で、こういうアドバイス、みなさんも聞いた経験無いですか?

「声出していこう!」

「盛り上げていこう!」

ダブルスの試合なんかで、特に周りからアドバイスされる機会多いですよね。

私自身、こういうアドバイスをもらった経験も、与えた経験もあります。

でも、気を付けないとコレ、危ないと思うんですよね。

 

「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

 


 

1.盛り上げるのは、自分たちの仕事

「声出していこう!」という、周りからのアドバイス。

この背景には、「応援ともっと一体化しよう!」という声、が入っていると思います。

静かに試合を進めるより、一緒に戦おう!という姿勢を求めている。

悪いことではありませんよね、テニスには団体戦もありますし。

でも、本来試合を盛り上げていく、変えていくのはコート上に立っている選手自身。

自分たちで自分たちを鼓舞して、盛り上げていかないと試合は勝てない。

周りから勇気をもらうのは良いですが、「やらされている感」が出たら逆効果。

声を出しているのか、周りから出せと言われるから出しているのか、で大きな違いになって来ます。

 

2.大事な「客観性」を見失ってはいないか?

私も、大きな声を出しながら試合をしたこと、たくさんあります。

ですが、今思い出してみると・・・そういう試合に限って、客観性は失われていた。

とにかく声を出していると、アドレナリンが上がって相手に向かっていく気持ちだけが大きくなっていく。

良い方向、に作用する場合は良いんですけどね。

「声出していこう!」というアドバイスで客観性を失って、一人相撲のような試合になるケースも多いですから。

「声を出す」=「頑張っている」から、仕方ないみたいな雰囲気になったこと、ありませんか?

客観性を失って相手を見ない、考えないテニスになる方が、私は怖いです。

 

3.要所で声を出す方が、相手は嫌なはず

とにかく、毎回、毎ポイント大騒ぎの相手って、みなさんどうですか?

私は、すごく楽です。

だって、変化が無いですから。

「声出して、にぎやかにやってるな・・・」という感じ。

でも、基本は静かで要所で声を出して来る、ような相手はどうでしょう?

こっちの方が、声の有効活用が出来る気がします。

大事なポイントを取られた時に、いきなり声を出されると「やられた!」と感じるじゃないですか。

ずーっと声を出していると、体力も消耗するし損なだけ。

勝負どころ、を見極める力も落ちていくでしょう。

 

4.「応援したくなる選手」に、なれているのか

一人のテニス選手として、です。

自分自身は、応援したいと思えるような選手になれているのか。

これを常に考えて、プレーしないといけない。

これは、試合でどうプレーするのか、だけではありません。

日々の練習、コート以外での行動、全てが要素として入って来ます。

普段から周りを気遣い、思いやりのある行動、テニスが出来ているのか?

練習から、最後までやり切れているのかどうか。

試合だけ声を出して騒ぐだけ、で本当に応援されていると思いますか?

私は、違うと思いますよ。

 

応援される選手になれば、テニスの試合は勝てるようなる。

それは、一朝一夕では難しいですが、確実にアナタ自身のテニス人生にとって大切なこと、です。

「声を出していこう」というアドバイスは、毒にも薬にもなる。

「声を出して、応援したい!」と思われるような選手、になっていきたいですね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. メンタル

    セルフジャッジは、自分に厳しく相手に優しく

    最後に、テニスの試合で勝てる人。私はたくさんの試合で審判やレ…

  2. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック…

  3. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

  4. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

  5. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう

    テニスの試合、調子や流れは行ったり来たり。だからこそ、アナタ自…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れる

    気合いを入れて、試合に臨む。大事なポイントでは声も出すし、一生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる…
  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する
PAGE TOP