テニス メンタル

ダブルス

勝てるダブルスペアの雰囲気、はどすれば生まれる?

どうも、ダブルスの試合で負け癖が付き始めた・・・と、気になっているみなさん。

ダブルスの試合で、勝てる雰囲気があるペアって、どんな感じでしょうか。

そして、そうなるには、どうすれば良いのか。

ペアの実力、個性、は関係無く、ダブルスの試合に勝てるペアってちょっとした工夫で作り上げることが出来るはず。

当たり前のようなこと、かもしれませんがなかなか試合では出来ないこと。

ここに、ヒントが隠されているはずです。

 
 

パートナーを活かし、活かされる

ダブルスですから

ダブルスなのに、1人で何とかしようとしている人。

男性でも、強引なショットでこじ開けようとしている人、多いですよね。

そもそも、ダブルスですから。

相手も2人いるので、どんなに良いショットでも、返される確率はシングルスの2倍。

こじ開けるショットに全力を使っていると、パートナーも何が何だか分からないまま、ですよ。

「どうぞ決めて下さい」のスタンスで

パートナーに、「どうぞ決めて下さい」と。

チャンスを作って、差し出してあげるような感じ。

大げさですが、こういう感覚が持てるとダブルスは一気に雰囲気が変わります。

個人のショットの力だけで取ったポイント以上に、良い流れが作れる。

当然ですよね、パートナーだって粋に感じてくれるはずですから。

前衛、後衛をお互いに活かし、活かされていく。

それがダブルスの良い循環、です。

お返しをしてあげないと、と思えたら強い

「じゃあ、今度は俺がお返ししてあげないとな」

と思えたら、ダブルスは強い。

チャンスを作ってもらったら、次は自分がチャンスを作ってあげる。

「自分で決めたい!」と思っていると、ミスばかりになりますからね。

自分はチャンスメイクに徹して、パートナーを活かすイメージで戦ってみる。

するとすごく楽に打てるし、良い循環で信頼関係が生まれていく。

ダブルスの試合、良い雰囲気のペアは両者がチャンスを作り、両者が決めているようなペア、でしょう。

みなさんも、これを意識するだけでだいぶ変わると思いますよ。



手堅く入って、リードを活かす

「当たり前」をしっかりやる

当たり前のことを、しっかりやること。

ゲームの最初のポイント、2ポイントで集中してリードを奪う。

そうすれば、次からのポイントでチャレンジ出来ます。

雰囲気の悪いペアって、「絶対に落とせない・・・」という悲壮感みたいなのがあるじゃないですか。

そうじゃなくて、「落としても良いか」という雰囲気を自分たちで作っていく。

そうすれば、自然といつも通りの、良いプレーが出来るようになりますよ。

失点、得点にこだわらない

ポイントを取る、失うはあくまで結果。

自分たちのやりたいこと、やるべきことが、出来ているかどうかに焦点が向いていることが大事。

そうじゃないと、「調子が悪いのに、なぜかリ―ドしている」から逆転負けだって有り得る。

「リードされているけど、自分たちのテニスは出来ている」と感じられたら、自分たちが逆転出来る。

この違いって、大きいと思いますよ。

しっかり試合前、ポイント間にも「自分たちは、何がやりたいんだっけ?」を明確にしておくこと。

そうすれば、スコアに踊らされたりプレッシャーに感じることも無い。

試合に勝てるペア、の雰囲気が出て来るはずです。

リードを活かせる作戦、を持っておくこと

試合でリードして、どうするのか。

前衛が動くのか、並行陣、リターンダッシュを入れていくのか。

意外と、この「リードを活かして、拡げる」というのが上手いペアが少ないですよね。

相手は負けているので守備的になる、そこを上手くペアで攻撃していけると、試合に勝つことはそう難しくないでしょう。

リードしたとき、の準備をペアで話しておけると、試合の現場で決定打になるはずです。

   

これだけは意識して欲しいこと

1.パートナーには笑顔で接する

当たり前のようですが、試合では大事。

だって、唯一の味方ですからね。

少しの笑顔でコミュニケーションを取るだけで、勇気をもらえる、頑張ろうという気になる。

意識して使えば、ダブルスペアとしての雰囲気は変わりますよ。

2.結果だけを求めない

勝ちたい、それは分かります。

でもそれだけを求めていても、上手くいかないでしょう。

負けられないという気持ちは大事ですが、雰囲気として出てしまうと悪い方向にいく可能性が高い。

結果は、自分たちがやるべきことをやって、その判断を仰ぐイメージで。

その過程やプロセス、の方をペアとして大事にしていきましょう。

3.パートナーを、心の底から信頼する

作戦、には思い切った動きも入ります。

少しでも、パートナーを疑い出すとキリが無い。

「動いたらカバーしてくれるだろうか・・・」という考えは、払拭しておくこと。

自分が思い切って動いて、後はパートナーを信じる。

この信頼度がお互いに高いと、作戦の精度も上がって来る。

ダブルスらしいペアって、自然とこれが出来てるんですよね。



ダブルスペアとしての、雰囲気作り。

これも大事な、テニスの実力です。

特に試合会場では、そうじゃないですか?

当たり前のことをしっかり、相手を思いやって笑顔でプレーする。

そうすれば、自然と結果は付いて来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学びましょう

    テニスのダブルスの試合をしていて、「このペア強い・・・」と感じるときは…

  2. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

    ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。と言っても、大したことで…

  3. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?

    ダブルスの試合、雁行陣の陣形で気になるパターン。特に、学生のみ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
  2. テニス リターン

    戦術

    ミスが少なくなった自分は、実感し辛い
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること
  5. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
PAGE TOP