サーブ

テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。

ラケットを持つ腕に力が入り過ぎていると、上手く下からの力を活かして上に振りきることは難しくなります。

上半身はリラックスさせて振り切ることが大事ですが、その為に必要なのはトスアップをした腕の使い方。

トスを上げて終了・・・ではなく、実はラケットを先導していく意味でも、重要な役割を担っています。

女性でもしっかりパンチ力のあるサーブ、打てるようになりますよ。

 

テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

 


 

1.トスアップした腕の、その後は・・・?

トスアップを完了した腕は、まずそのまま上げた状態で残しましょう。

ラケットを頭の後ろでラケットヘッドを落とす、少し下に向けて上に振り出していくときに、トスアップした腕を下げていきます。

この「下げる位置」を明確にしておかないと、バランスが崩れていってサーブが安定しない。

どこかに「収まる場所」を作ってあげることが大事です。

ストロークのフォロースルーと一緒で、どこかで身体の動きを制限してあげないと、テニスの動作は安定しないのです。

2.オススメは、胸の前に腕をもってくること!

錦織選手も最近、この方法でサーブを改良しましたね。

トスアップした腕を、ラケットでボールをインパクトする瞬間には自分の胸の前にもってくる。

引き寄せるようなイメージで、その反動を使って反対のラケットを持つ腕がしっかりと上がっていく。

トスアップの高さによって、下すタイミングを調整しましょう。

ボクシングのパンチを繰り出すような感じで打つと、両腕が連携して良い動きになるはずです。

 

3.手のひらは、身体の側に向けてみると開きも抑えられる

サーブで身体が回転しがちで開いてしまう人は、手のひらを自分に方向に向けてむて下さい。

これだけで、かなり身体の開きは抑えられるはずです。

手のひらが外に向いていると、身体の構造上どんどん回転していきます。

それを抑えて上げるには、トスアップした腕はとっても便利。

少しの意識で、コンパクトでパンチ力のあるサーブのフォームが身に付くはずです!

 

実際にプロ選手のサーブを見てみると、とってもダイナミックですが意外と上半身はシンプル。

セカンドサーブになると、よりその傾向が目立ちますね。

でももっと見習って欲しいのは・・・多少変わりますが、ファーストサーブとセカンドサーブ、ほとんどフォームが変わらないということ。

この部分は結構見落とされがちですが、大事な部分ですね。

差があり過ぎる人は、試合でなかなか安定したサーブを打ち続けられない。

結果、ブレイクされ癖が付いてしまってはいませんか?

ぜひ今回のテーマを意識して、安定感のあるフォームを研究してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。…

  2. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ

    テニス選手の実力、観察したときにまず目に付くのは「サーブ」力。…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大

    サーブを打つ時に、実力を測るには「下半身の土台」が一つの指標になる。…

  5. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

特集記事

  1. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由
  2. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり
  3. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
PAGE TOP