サーブ

テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。

ラケットを持つ腕に力が入り過ぎていると、上手く下からの力を活かして上に振りきることは難しくなります。

上半身はリラックスさせて振り切ることが大事ですが、その為に必要なのはトスアップをした腕の使い方。

トスを上げて終了・・・ではなく、実はラケットを先導していく意味でも、重要な役割を担っています。

女性でもしっかりパンチ力のあるサーブ、打てるようになりますよ。

 

テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

 


 

1.トスアップした腕の、その後は・・・?

トスアップを完了した腕は、まずそのまま上げた状態で残しましょう。

ラケットを頭の後ろでラケットヘッドを落とす、少し下に向けて上に振り出していくときに、トスアップした腕を下げていきます。

この「下げる位置」を明確にしておかないと、バランスが崩れていってサーブが安定しない。

どこかに「収まる場所」を作ってあげることが大事です。

ストロークのフォロースルーと一緒で、どこかで身体の動きを制限してあげないと、テニスの動作は安定しないのです。

2.オススメは、胸の前に腕をもってくること!

錦織選手も最近、この方法でサーブを改良しましたね。

トスアップした腕を、ラケットでボールをインパクトする瞬間には自分の胸の前にもってくる。

引き寄せるようなイメージで、その反動を使って反対のラケットを持つ腕がしっかりと上がっていく。

トスアップの高さによって、下すタイミングを調整しましょう。

ボクシングのパンチを繰り出すような感じで打つと、両腕が連携して良い動きになるはずです。

 

3.手のひらは、身体の側に向けてみると開きも抑えられる

サーブで身体が回転しがちで開いてしまう人は、手のひらを自分に方向に向けてむて下さい。

これだけで、かなり身体の開きは抑えられるはずです。

手のひらが外に向いていると、身体の構造上どんどん回転していきます。

それを抑えて上げるには、トスアップした腕はとっても便利。

少しの意識で、コンパクトでパンチ力のあるサーブのフォームが身に付くはずです!

 

実際にプロ選手のサーブを見てみると、とってもダイナミックですが意外と上半身はシンプル。

セカンドサーブになると、よりその傾向が目立ちますね。

でももっと見習って欲しいのは・・・多少変わりますが、ファーストサーブとセカンドサーブ、ほとんどフォームが変わらないということ。

この部分は結構見落とされがちですが、大事な部分ですね。

差があり過ぎる人は、試合でなかなか安定したサーブを打ち続けられない。

結果、ブレイクされ癖が付いてしまってはいませんか?

ぜひ今回のテーマを意識して、安定感のあるフォームを研究してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

    試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。でも、ただタ…

  3. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

  4. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう

    サーブを打つ前に、しっかり相手を見る。私は、これが大事なことだ…

  5. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

特集記事

  1. 練習メニュー

    テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパタ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本
  3. 戦術

    テニスの試合では、「自分がやられて嫌なプレー、は大抵相手も嫌がる」ことを意識して…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!
  5. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
PAGE TOP