テニス

ダブルス

いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。

皆さんも、経験無いですか?

「結局、触らない方が良かったな・・・」と思って、またストレートケアに勤しんでしまう。

これでは、試合で勝てる訳が無い。

ポーチボレーが決まらない、決定力が無いのには理由があるはず。

例えば、こんな感じのボレーになっている方も多いんじゃないでしょうか?

 

いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

 

1.伸びきったボレー、とは・・・?

やっと、ボールに触れるようなボレー。

腕を伸ばして触って、打点は顔からかなり離れてしまっている時は、良いボレーは打てないですよね。

ポーチボレーで、伸びきったようなボレーを打っていると・・・どうでしょう?

まず、コントロールが良くならないですよね。

それに、バランスも悪いから連続攻撃出来ない。

まさに、「触らない方が良かった系」のボレーになってしまってるんです。

まずは自分が伸びきってる、ことを自覚すること。

全てはそれから、です。

 

2.触るだけのポーチでも、プレッシャーにはなるけど・・・

もちろん、触るだけのボレー、伸びきったボレーでも相手のプレッシャーにはなります。

リターンを前衛が触る、というだけで相手は嫌なもの。

だけど、強い相手はそんなアナタを恐れはしない。

伸びきったボレーは、一度返球出来れば連続攻撃が無いですからね。

ダブルスの試合、前衛で決め切れない典型例がコレです。

要は、連続攻撃が出来ない、というのはテニスにおいて致命的なんです。

 

3.腕を伸ばすのではなく、身体を寄せる

これが、ボレーの基本です。

自分の身体を寄せていく、身体ごと、しっかりボールにぶつけていく。

伸びきるのではなく、自分から近付いていかないと本物のポーチボレーにはなりません。

それに、近付けばそれだけネットに近付いて連続攻撃が出来る。

腕を伸ばしているだけだと、下半身が付いてきていないですからね。

例え良いポーチ、になっても相手に凌がれてしまう。

こういう危機感、が無いといつまでも決定力は上がりません。

 

4.決定力とは「余力」である

私は、こう考えます。

決定力がある人って、ショットが凄いんじゃない。

打っている人に、余裕があるんですよ。

次、次と、何度返球されても、その後に攻撃出来る。

自分の優位を崩さない、だから慌てない。

ポーチボレーも、そうですよ。

いきなりは難しいかもしれませんが、身体ごとしっかり寄せて、しっかりボールを見る。

そして余裕を持って、ボレーをコントロールしていくこと、を意識してみて下さい。

 

ダブルスの試合、ポーチでポイントを獲ると盛り上がる。

きっとアナタ自身「もっと、自分が決めていれば・・・」という試合、たくさんありますよね。

あと一歩、前に出る。

身体を寄せるポーチボレー、が出来ればきっと試合で勝てるはず。

その日まで、私は応援し続けますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえて中枢から攻めていく」勇気も大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  4. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?を考えてみる

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」について

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
  3. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
PAGE TOP