テニス ポジショニング

ストローク

試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに繋げられる

試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。

特にシングルスの試合では、このボールで「しっかり相手を追い込みたい!」という意識が強い人が多い。

ですが実際は・・・力は入り過ぎてアウトやネットが多く、相手を楽させてはいませんか?

アプローチショットは、その精度よりもむしろ「プレーをつなげていく」役割に着目してみましょう。

そうすると非常に、リラックスして打ちやすいはずです。

 

試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに繋げられる

 


 

■「相手をどんな場所に」移動させて、打たせるか?

大前提として、アプローチショットはエースを狙う必要は無い。

相手を自分お思い通りに動かして、しっかりパッシングを打って来られても大丈夫なポジショニングを確保する。

つまり、ストロークからボレーにつないでいくショットであるという役割を、再認識しましょう。

「つなぎ」のプレーでミスをするなんて、とてももったいない・・・とは思いませんか?

 

■相手にとって、「嫌なネットプレイヤー」になる為に

「優れたネットプレイヤー」の大事な要素、それはポジショニングです。

相手が打ってきたボールを効率よくさばけるポジションを、自分でしっかり確保できる。

ポジショニングは良い意味で、相手に対して最高の攻撃要素になります。

その為にはスプリットステップのタイミングも大事ですし、相手の場所やシチュエーションに応じて予測もしないといけない。

どんなアプローチでも、どんな相手でも、「いつでも同じような場所」でボレーを待っていても劣勢になるだけです。

逆にアナタが相手に前に出られたときには、シンプルにいつものショットで、慌てず攻撃していきましょう。

 

■ロブが無い相手かどうか?だけでも確認しておく

学生の皆さんの中には、「ロブは打たない!」と無意識に決めているような選手もいます。

パッシングショットに美学を求めているような相手には、どんどん前に詰めていきましょう。

ダブルスでも同じです。

上が無いのであれば、テニスはどんどん前に詰めていけばポイントを獲る確率が高くなる。

ポジションは相手と場面に応じて、自分なりにしっかり考えて変えていけるようにしましょう。

 

正しい基本のポジショニングを覚えることが出来れば、相手にプレッシャーになる。

そうすれば、良いショットを繰り出さなくても相手が勝手に崩れてくれます。

練習をしている仲間に、「自分のポジション、どう?隙ある?」って感じで聞いてみましょう。

自分の思い込みだけでなく、客観的な印象は大事。

特にポジショニングに関しては、ぜひ周りの意見を参考にしてみてください。

さぁ、どんな風にアナタは見られているのか・・・楽しみではないですか?

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出そう

    昨日はデビスカップ、観戦に行ってまいりました。改めてフランスチ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょう

    練習のときには気持ちよくポイントが獲れても、本番の試合ではガチガチにな…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?

    スライスは得意ですか?俺は高校生の頃、バックハンドはスライスば…

特集記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高め…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる
  3. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ…
PAGE TOP