テニス ポジショニング

ストローク

試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに繋げられる

試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。

特にシングルスの試合では、このボールで「しっかり相手を追い込みたい!」という意識が強い人が多い。

ですが実際は・・・力は入り過ぎてアウトやネットが多く、相手を楽させてはいませんか?

アプローチショットは、その精度よりもむしろ「プレーをつなげていく」役割に着目してみましょう。

そうすると非常に、リラックスして打ちやすいはずです。

 

試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに繋げられる

 


 

■「相手をどんな場所に」移動させて、打たせるか?

大前提として、アプローチショットはエースを狙う必要は無い。

相手を自分お思い通りに動かして、しっかりパッシングを打って来られても大丈夫なポジショニングを確保する。

つまり、ストロークからボレーにつないでいくショットであるという役割を、再認識しましょう。

「つなぎ」のプレーでミスをするなんて、とてももったいない・・・とは思いませんか?

 

■相手にとって、「嫌なネットプレイヤー」になる為に

「優れたネットプレイヤー」の大事な要素、それはポジショニングです。

相手が打ってきたボールを効率よくさばけるポジションを、自分でしっかり確保できる。

ポジショニングは良い意味で、相手に対して最高の攻撃要素になります。

その為にはスプリットステップのタイミングも大事ですし、相手の場所やシチュエーションに応じて予測もしないといけない。

どんなアプローチでも、どんな相手でも、「いつでも同じような場所」でボレーを待っていても劣勢になるだけです。

逆にアナタが相手に前に出られたときには、シンプルにいつものショットで、慌てず攻撃していきましょう。

 

■ロブが無い相手かどうか?だけでも確認しておく

学生の皆さんの中には、「ロブは打たない!」と無意識に決めているような選手もいます。

パッシングショットに美学を求めているような相手には、どんどん前に詰めていきましょう。

ダブルスでも同じです。

上が無いのであれば、テニスはどんどん前に詰めていけばポイントを獲る確率が高くなる。

ポジションは相手と場面に応じて、自分なりにしっかり考えて変えていけるようにしましょう。

 

正しい基本のポジショニングを覚えることが出来れば、相手にプレッシャーになる。

そうすれば、良いショットを繰り出さなくても相手が勝手に崩れてくれます。

練習をしている仲間に、「自分のポジション、どう?隙ある?」って感じで聞いてみましょう。

自分の思い込みだけでなく、客観的な印象は大事。

特にポジショニングに関しては、ぜひ周りの意見を参考にしてみてください。

さぁ、どんな風にアナタは見られているのか・・・楽しみではないですか?

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. ストローク

    試合でチャンスボールこそ、ミスしないコツとは?

    試合でチャンス!になると・・・急に力んでしまいますよね。大事な…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  4. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?

    テニスを始めたばかりの時、あまりにパワーが無かったから両手でフォアもバ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  5. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
PAGE TOP