テニス ボレー

ボレー

「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!

は、確かに基本です。

ですが、実際の試合ではそんなに前にいけるボールばかりじゃない。

その場でしのぐ、ようなボレーも身に付けておけば、勝てる相手も増えるはずです。

 

「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

 


 

■守備的なボレーは、足を出す時間も余裕も無い

イメージしてみて下さい。

相手がストロークで、ガッツリ構えて高い打点から打ち込んで来る。

そしてアナタは前に出ていて、ボレーで返球しないといけない。

こんな場面、ダブルスの試合では特にたくさんあるはずです。

足を出す時間も余裕も無いので、とにかく必要なのはブロックしてシンプルにラケット面だけ合わせるボレーが必要、ですよね。

 

■上半身だけ少しひねって、ラケット面を作る

私がこんなときに意識しているのは、少しだけ上半身をひねること。

足はほとんど、動かさない。

右利きの私は「フォアハンドに来た!」と思ったら、少しだけ左肩を前に出す。

打点は気持ち後ろ目、でも良いと思います。

しのぐボレー、ですので、山なりで返球するようにラケット面を上向きにセット。

ボールの下を触って、深く返球することに集中する。

まずはしっかり、攻撃をしのぐことに専念しましょう。

 

■1球深く返球出来れば、大抵の相手は崩れてくれる

攻撃的なストローク、を打って来る相手は実はもろい可能性も高い。

フォームが大きいと、ボレーで返球されたボールに対して反応が遅れる。

それを信じて、まずはしっかり深く返球すること、足を出さないブロックボレーが出来るようにしておくと試合で使えます。

足を出さない分、とにかくシンプルに、ブロックする。

大事なのは、相手の攻撃を恐れないメンタル面。

返球すれば、チャンスはある!と思って、ディフェンスを心がけてみましょう。

 

ボレーが苦手な人は、相手のストロークに怖気づいてしまう。

意外と、落ち着いて構えていれば返球出来ます。

一球返球出来れば、先ほど書いたようにチャンスは広がります。

上半身を少しひねって、合わせる感じのボレー、練習してみましょう。

普段のボレー対ストロークのラリーも、あえて打ち込んでもらうのも良いですね。

工夫次第で、練習は試合に近付けていけるはずです。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

  2. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーすることが大事です

    ネットプレー、ボレーでなかなかイメージ通りのプレーが出来ない人は、もし…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、バランスボールを・・・?

    ボレーを打つうえで、「柔らかさ」は重要な要素になる。ただパーン…

  4. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ

    試合でつなぐボレー、を脱却したい。ストロークで打ち込まれないボ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認

    ボレーはどういう練習をしている?ボール出し練習?ボレー…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  2. メンタル

    試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する
  4. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?
  5. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている…
PAGE TOP