戦術

自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

試合の中で、挽回出来る人。

それはやっぱり、どこかで修正が効く人だと思うんですよね。

修正力がある、ということはテニスの試合では具体的にどういうこと?

という部分、改めて考えてみましょう。

 

自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

 


 

1.「元」が無いと、修正も何も無い

まず、試合にどういうスタンスで入るのか。

何の準備も方針も無いままに試合に入ると、修正とかそういう以前に何も出来ないです。

多いのが、本当に意志無くフワッと試合に入ってしまう人。

これでは、修正以前の問題。

修正って、何か事を興したうえで、その相手の反応に対しての修正ですからね。

まず、自分なりに仮説を立てて試合に入っていく。

全てはそこから、です。

 

2.自分の作戦が効かない、時に慌てないこと

試合では、よくあります。

磨いてきたこと、準備してきたことが通じないこと。

でも、これくらいで慌ててはいけません。

自分が押されていても、「あ、このパターンは通じないんだな」というのが分かった、と思えば良い。

きっと、得意なんだと。

私なんかはよくドロップショットを使いますが、それを拾うのが上手い、足が速い相手もいますからね。

それくらい、では慌てないし、むしろ分かったことを良しとする。

そこから軌道修正、でテニスの試合は何とでもなりますから。

 

3.大事なのは、自分自身で気付くこと

テニスには、基本監督やコーチはいません。

試合の中で、自分で気付かないと、何も始まらない。

鈍感な人は、いつまで経っても試合に勝てないのは、テニスならではの理由があるからです。

常に、相手と会話するイメージで、観察する。

最初の自分の作戦に、どう対応してくるのか。

ちょっとした仕草、表情で、得意なことや苦手なことを察することが出来るかどうか。

これって、試合の現場では本当に大事なことなんですよ。

 

4.普段の練習から、本番のつもりで

私は何度も書いて来ましたが、普段の練習から同じことです。

周りの人をよく見て、自分の方針をぶつけてみる。

そこから、相手の様子を見ながら軌道修正していく。

これだけで、試合でもかなり修正能力が高くなるんですよ。

もはや、習慣になりますからね、何かを感じて修正していくということが。

試合に強くなりたければ、練習から何かを変えること、を迷い無く行えるようにすること。

これが一番、でしょう。

 

意外と、まだまだ試合中に修正出来ないという人が多い。

何かを準備して入って、それがダメだともうダメ、という人はもったいないですよ。

テニスの試合は、まだまだ長い。

修正して勝ちを拾う試合、こそアナタが増やすべき試合だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない

    皆さんは今、育てている技術、ありますか?私は今、ロブをまた一か…

  2. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

  3. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。…

  4. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

    チャンスボールを決めることが出来る人、ミスしてしまう人。この違…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

  6. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に
  3. テニス 練習

    戦術

    テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考え…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう
PAGE TOP