戦術

自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

試合の中で、挽回出来る人。

それはやっぱり、どこかで修正が効く人だと思うんですよね。

修正力がある、ということはテニスの試合では具体的にどういうこと?

という部分、改めて考えてみましょう。

 

自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

 

1.「元」が無いと、修正も何も無い

まず、試合にどういうスタンスで入るのか。

何の準備も方針も無いままに試合に入ると、修正とかそういう以前に何も出来ないです。

多いのが、本当に意志無くフワッと試合に入ってしまう人。

これでは、修正以前の問題。

修正って、何か事を興したうえで、その相手の反応に対しての修正ですからね。

まず、自分なりに仮説を立てて試合に入っていく。

全てはそこから、です。

 

2.自分の作戦が効かない、時に慌てないこと

試合では、よくあります。

磨いてきたこと、準備してきたことが通じないこと。

でも、これくらいで慌ててはいけません。

自分が押されていても、「あ、このパターンは通じないんだな」というのが分かった、と思えば良い。

きっと、得意なんだと。

私なんかはよくドロップショットを使いますが、それを拾うのが上手い、足が速い相手もいますからね。

それくらい、では慌てないし、むしろ分かったことを良しとする。

そこから軌道修正、でテニスの試合は何とでもなりますから。

 

3.大事なのは、自分自身で気付くこと

テニスには、基本監督やコーチはいません。

試合の中で、自分で気付かないと、何も始まらない。

鈍感な人は、いつまで経っても試合に勝てないのは、テニスならではの理由があるからです。

常に、相手と会話するイメージで、観察する。

最初の自分の作戦に、どう対応してくるのか。

ちょっとした仕草、表情で、得意なことや苦手なことを察することが出来るかどうか。

これって、試合の現場では本当に大事なことなんですよ。

 

4.普段の練習から、本番のつもりで

私は何度も書いて来ましたが、普段の練習から同じことです。

周りの人をよく見て、自分の方針をぶつけてみる。

そこから、相手の様子を見ながら軌道修正していく。

これだけで、試合でもかなり修正能力が高くなるんですよ。

もはや、習慣になりますからね、何かを感じて修正していくということが。

試合に強くなりたければ、練習から何かを変えること、を迷い無く行えるようにすること。

これが一番、でしょう。

 

意外と、まだまだ試合中に修正出来ないという人が多い。

何かを準備して入って、それがダメだともうダメ、という人はもったいないですよ。

テニスの試合は、まだまだ長い。

修正して勝ちを拾う試合、こそアナタが増やすべき試合だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

  2. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  3. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  4. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

    これは、自分との闘いです。ダブルスの試合、調子が最悪で自分が触…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  6. テニス ルール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    「風上、風下、どっちが好き?」実際のテニスの試合でのメリットデメリットを考える
  2. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大
  5. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる
PAGE TOP