テニス メンタル

メンタル

アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。

そんな人、果たしてどれくらいいるでしょうか?

もしそんな人がいたとしても、きっと影では悩みも多い。

強いフリして周りに隠している・・・だけだと、どこかで押しつぶされてしまうかも知れません。

特にテニスに真剣に取り組んでいる人ほど、たまには「テニス、もう辞めても良いかな・・・」と思うのは自然なこと。

それくらいの気持ちの余裕を持っていることも、継続してテニスの試合に出続けるには大事だと私は思います。

 

アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

 


 

■しっかり自分自身と、「テニスについて会話」をしてみる

試合にも勝てないし、練習のモチベーションも上がらない。

そんなときには、とことん自分と会話しましょう。

「どうした、自分?何か辛いこと、根本的な問題があるんじゃないのか・・・?」という感じで。

ぜひ、自分のテニスノートがあれば、それに書き出してみて下さい。

決して自分を責めるのではなく、なぜ辞めたいとまで思ったのかを考えてみる。

その原因と思われることを、書き出してみることが大事です。

 

■テニスから離れる時期も、大きなステップアップには必要です

賛否両論あると思いますが、私はこう考えます。

テニスだけに追われている生活では、どこかで成長も止まってしまう。

テニスから離れた期間にも、別な意味で成長出来る機会が、私たちの周りには多くあります。

本を読んで刺激を受けたり、他のスポーツを観てヒントを得る、久々に会わない人と会ってみる・・・。

特に技術的には優れているのに試合の結果が出ない。どこかメンタルが弱いような人には、むしろ「テニスから距離を置いてみる」ことも大事だと思います。

 

■心からテニスをやりたい、と思えるときにコートに戻ってくれば良い

自分自身としっかりテニスについて会話して、時間を置いたときに「やっぱりテニスをやりたい」と思えたとき。

その後はきっと、大きなステップアップを踏むことが出来る。

私の経験上、怪我から復帰したりした選手で、とても晴れやかな顔をしている選手は、必ず良いステップを踏めます。

学生生活では卒業前に引退もありますし、テスト期間前は部活が出来ない時期もある。

アナタ自身、テニスが出来ない時期がある、というのは実は成長にとって欠かせない時期なのかも知れません。

 

試合に勝たないといけない、負けられない。

そんな環境に長くいると、やはり精神的にも追い込まれていく。

そうなった自分を、決して責めることはありません。

部活だって、ときには中期的な休暇があっても良いかも知れない。

嫌々コートに立つ、何も目的が無いままでテニスをされるよりは、私であればそう勧めます。

もし少しでもテニスで悩んでいる人がいれば、何かのヒントになれば・・・と思います。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス サイト
  2. メンタル

    強い相手には腹が立つ、の先へ行こう

    テニスでは、試合が終わると相手と握手をします。これが、どうい…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる

    ちょっと、イメージしてみて下さい。大事なテニスの大会、目標にし…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法

    自分はメンタルが弱い、と感じているみなさん。結論、大丈夫です。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

    最近ではオムニコートがだいぶ増えてきましたが、元々日本に多かったのはク…

特集記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    「楽な初戦」は、アナタにとってマイナスな要素にしか成り得ない
  2. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る
  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ジョコビッチ選手のような「伸びのある大きなフォアハンドストローク」は、フォロース…
PAGE TOP