テニス シングルス

シングルス

アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。

だからこそ、勝っても負けても、全て自分の血となり肉となる。

試合前に整理して、少しでも皆さんの緊張をほぐして良い試合にして欲しい。

そのためのポイントを、私なりにまとめてみました。

 

アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

 

1.試合の2日前に準備を終えておこう

 

2.ウェアは多めに準備して、毎試合着替えて臨めるように

 

3.水分は前日から多めに摂取して、当日も1試合あたり2リットルは用意しよう

 

4.しっかりと食事を摂る、ことこそ体力勝負のシングルスの基本

 

5.試合前に、テニスノートに試合で実行する作戦をまとめておこう

 

6.どんなに強い対戦相手でも、出来る限り情報を集めて勝ちにいこう

 

7.コート上で戦うのは一人だけど、自分を支えてくれる人をイメージしながらコートに入ろう

 

8.相手がビッグサーバーでない限り、リターンから入る方がリズムに乗りやすい

 

9.試合の序盤は、相手のナイスショットは気にしない

 

10.ファーストサーブとリターン、ファーストタッチのショットに全集中力を傾けよう

 

11.抜かれても良いので、序盤で相手に自分のネットプレー、を見せておこう

 

12.リターンゲームでリードしたら、リターンダッシュも入れておこう

 

13.サービスゲーム、試合の序盤のファーストサーブはコントロール重視のセカンドサーブで良い

 

14.相手の流れになっているときには、意識してポイント間に時間を使おう

 

15.自分の調子が良いときこそ、調子に乗らないようにセーブすること

 

16.試合の序盤から中盤は、イーブンの進行で問題無い

 

17.試合の中盤で、相手を突き放す作戦を準備しておく

 

18.バックハンド狙いは、試合の後半に「フォアハンド狙い」に変更すると効果大

 

19.ドロップショットは、甘くなっても良いから打った者勝ち

 

20.基本のポジションは、フォアハンドを6:4で空けて待つくらいでちょうど良い

 

21.フォアハンドで回り込んで打てるポイントを増やしていこう

 

22.相手のセカンドサーブを攻撃していく、のが試合中盤の肝

 

23.競った試合、タイブレーク大歓迎のスタンスを崩さない

 

24.自分が苦しいときは、大抵相手も苦しい

 

25.どうしても苦しいときには、「誰かの為に」と考えると気合いが入る

 

26.「ここまでやって、負けたら仕方ない」と思えるまでやり切ろう

 

27.負けても良い理由を考える、誘惑に負けないように

 

28.対戦相手は憎むのではなく、自分を高めてくれる仲間であると考えよう

 

29.5-2リードのスコアが、テニスでは一番危ない

 

30.試合が終わってどんな結果になろうとも、最後に握手をするときは笑顔で相手に感謝しよう

 

 

辛く苦しい戦いですが、だからこそ勝利したときの喜びも大きい。

小さい準備が、もしかしたらコートの上でアナタの助けになるかも知れない。

シングルスの試合、孤独な闘いですがアナタは一人じゃない。

これからも、T-PRESSはアナタの為にたくさんのヒント、を創り出していきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  4. テニス シングルス
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  6. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  2. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよ…
  4. フットワーク

    ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来て…
PAGE TOP