テニス シングルス

シングルス

アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。

だからこそ、勝っても負けても、全て自分の血となり肉となる。

試合前に整理して、少しでも皆さんの緊張をほぐして良い試合にして欲しい。

そのためのポイントを、私なりにまとめてみました。

 

アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

 

1.試合の2日前に準備を終えておこう

 

2.ウェアは多めに準備して、毎試合着替えて臨めるように

 

3.水分は前日から多めに摂取して、当日も1試合あたり2リットルは用意しよう

 

4.しっかりと食事を摂る、ことこそ体力勝負のシングルスの基本

 

5.試合前に、テニスノートに試合で実行する作戦をまとめておこう

 

6.どんなに強い対戦相手でも、出来る限り情報を集めて勝ちにいこう

 

7.コート上で戦うのは一人だけど、自分を支えてくれる人をイメージしながらコートに入ろう

 

8.相手がビッグサーバーでない限り、リターンから入る方がリズムに乗りやすい

 

9.試合の序盤は、相手のナイスショットは気にしない

 

10.ファーストサーブとリターン、ファーストタッチのショットに全集中力を傾けよう

 

11.抜かれても良いので、序盤で相手に自分のネットプレー、を見せておこう

 

12.リターンゲームでリードしたら、リターンダッシュも入れておこう

 

13.サービスゲーム、試合の序盤のファーストサーブはコントロール重視のセカンドサーブで良い

 

14.相手の流れになっているときには、意識してポイント間に時間を使おう

 

15.自分の調子が良いときこそ、調子に乗らないようにセーブすること

 

16.試合の序盤から中盤は、イーブンの進行で問題無い

 

17.試合の中盤で、相手を突き放す作戦を準備しておく

 

18.バックハンド狙いは、試合の後半に「フォアハンド狙い」に変更すると効果大

 

19.ドロップショットは、甘くなっても良いから打った者勝ち

 

20.基本のポジションは、フォアハンドを6:4で空けて待つくらいでちょうど良い

 

21.フォアハンドで回り込んで打てるポイントを増やしていこう

 

22.相手のセカンドサーブを攻撃していく、のが試合中盤の肝

 

23.競った試合、タイブレーク大歓迎のスタンスを崩さない

 

24.自分が苦しいときは、大抵相手も苦しい

 

25.どうしても苦しいときには、「誰かの為に」と考えると気合いが入る

 

26.「ここまでやって、負けたら仕方ない」と思えるまでやり切ろう

 

27.負けても良い理由を考える、誘惑に負けないように

 

28.対戦相手は憎むのではなく、自分を高めてくれる仲間であると考えよう

 

29.5-2リードのスコアが、テニスでは一番危ない

 

30.試合が終わってどんな結果になろうとも、最後に握手をするときは笑顔で相手に感謝しよう

 

 

辛く苦しい戦いですが、だからこそ勝利したときの喜びも大きい。

小さい準備が、もしかしたらコートの上でアナタの助けになるかも知れない。

シングルスの試合、孤独な闘いですがアナタは一人じゃない。

これからも、T-PRESSはアナタの為にたくさんのヒント、を創り出していきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

    シングルスの試合で、有効な作戦。シンプルですが、私はいつもこの…

  3. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理…

    テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした…

  5. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  6. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手も人間だから「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ…
  2. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない
  3. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「ネットに出てパッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い
PAGE TOP