テニス メンタル

メンタル

トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

良い成績、というのは人それぞれ。

でも、目標を達成したときには、当たり前ですが嬉しいし、天にも昇る気分になる。

そこから先が、テニス選手として成長出来るかどうか、の境目。

アナタ自身が、結果をどう捉えるか・・・です。

 

トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

 


 

過去はアナタに、何も与えてくれない

まずはこの事実を、しっかりと受け止めましょう。

良い成績を収めた、ならそれはそれで良い。

その日は満足して、そして次、と前を向いていけるかどうか。

過去の成績は、過去のものであってアナタには何も与えてくれない。

それどころか、余計なものを・・・与えてくれるかもしれませんね。

シード順位や、周りからの厳しい眼とアナタ自身に対する対策、です。

 

強くなれば、それだけ研究されるのが当たり前

きっと、強くなり始めたときに最初に感じるでしょう。

アナタ自身、きっと対戦相手が「自分を研究してきているな・・・」と感じること、があるはず。

それは、アナタが結果を出して周りから評価され始めた証拠。

それを払拭するには、自分の過去の成績を0にしていく、しかないのです。

それも、勝った後、すぐ次の日から、です。

 

勝つこと、強くなることを現実的に考えよう

自分がしっかり勝つ、強くなるイメージが付いているかどうか。

自分でしっかりイメージ出来ていれば、強くなってからも泰然自若、しっかり落ち着いて対応出来る。

この心の準備は、ぜひ意識して欲しい。

今、そんなレベルじゃない?

いえ、試合に出ている方なら、全ての人に意識して欲しい。

強くなるということは、過去と決別すること。

成績を残しては忘れ、新たにチャレンジしていくこと。

これだけ、です。

 

強くなるためには、何を考えておくのか。

瞬間的に強くなる、結果が出る人はテニスだけじゃなくてもたくさんいます。

でも、その先にいける人は、きっと少ない。

だからこそ、アナタ自身は強くなるイメージを、しっかり持って欲しい。

良い想いをしたら、直ぐに0に戻す。

難しいことですが、ちょっと頭の片隅に置いておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. メンタル

    空気を読んで、それを壊せる人が試合でも強い

    独特な雰囲気だけど、試合に強い人。テニスプレイヤーでは、結構多…

  2. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?

    試合に入って、何だか調子が良くて良い感じ。強い相手にも、3-0…

  3. テニス メンタル
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

  5. メンタル

    1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しいこと

    練習では目が覚めるようなショットを打てるのに、試合で使えない、勝てない…

  6. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない
  2. テニス メンタル

    その他

    「一生懸命テニス頑張っているのに、全然上達しない!」という人は、チェックすべき4…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  5. ダブルス

    「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキ…
PAGE TOP