テニス メンタル

メンタル

過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い

一度実績を残すと、それで満足してしまう人。

これが多いのが、悲しいですがテニス界です。

でも・・・これって、逆にチャンス。

過去の栄光にしがみついている人を蹴落として、どんどん上に上がっていくチャンスを掴めるのは、アナタ自身です。

 

過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い

 


 

1.実績重視のテニス界、だからこそチャンスがある

皆さんの周りにもいませんか?

いつまでも、自分の過去の最高成績に固執している人。

県大会でベスト4に入ったのなんてもう5年も前なのに、今でもその話ばかり。

そういう話をする人は、もう結果を出さなくても自分はテニス界で大きな顔が出来る、と思っているんでしょう。

そしてどこかで、諦めている。

もうあんな成績は出せない、だから本気でやっていないフリだけして、みんなから褒められていれば良い・・・と。

こんな相手との対戦では、絶対に負けてはいけないのです。

 

2.昨日の勝利は、今日には忘れて「飢えて」いこう

本当に試合に勝てる、勝ち続ける強い人は違う。

私も色々な試合で審判台から、ラインジャッジとして見て来ましたが・・・何ていうか、飢餓感が違うんですよね。

何回勝利しても、「試合はまだか・・・出たい・・・」と、すごく飢えている。

もちろん、勝った瞬間は嬉しいんだけど、次の日の朝になるともう飢えたライオンのようにまたコートに戻って来る。

これは、持って生まれた性格、育った環境も大きく影響しているでしょうが、何より本人の意識改革。

人はだれでも、どこかで満足してゆったりした生活を送りたい、と思いますからね。

試合に勝ち続ける人は、何より自分に厳しく、飢えを絶やさない。

空腹感こそ、快感・・・くらいに思っているんだと思います。

 

3.「まだ自分は、何も得ていない」と感じられるかどうか

少し、話がそれましたね。

私自身、社会人になりテニスを趣味として続けている・・・ように思っていますが、まだ何も得られてはいない。

そう、仕事やプライベートでは良い想いを多少は出来ていても、テニスで何を得て来ただろうと。

ふと立ち止まって考えてみると・・・それって、まだ何も得れていないんじゃないかと思うんです。

他の人から観たら、「充分実績残しているよ」と思うことも多少はあるかも知れません。

でも、私の感覚としては、去年の成績だって何の意味も持たない過去のこと。

数年前なら尚更だし、もっと昔のことは全然興味が無い。

と、自分に言い聞かせながら「空腹感」を常に持てるようにしている・・・つもりです。

アナタ自身、自分の過去や実績とどう向き合うのか。

その向き合い方次第で、もしかしたら自分の弱さを打破出来るかも知れませんよ。

 

実績は実績。

事実は事実。

それ以上でも、以下でもありません。

自分の過去と今と、どう向き合うのか。

そこにテニス選手としての本質が見えてくる。

いつの間にか、自分で自分を弱くしていること、あると思います。

一緒に勝利に飢えて、いきませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  2. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

    試合に出ているみなさんが、避けて通れない試合。それは、間違いな…

  3. テニス サーブ
  4. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

  5. テニス 準備

    メンタル

    迷ったときに苦しい選択、が出来るテニス選手が最後に勝てる

    試合の中で、苦しい場面。どんなに手を尽くしても、もうダメかな・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

特集記事

  1. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか
  3. 戦術

    センスとは、即ち合理性
  4. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?
  5. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
PAGE TOP