テニス ダブルス

ボレー

速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。

相手のボールが速い時に、それをノーバウンドで返球するボレー、ですね。

バウンドするストロークなら、バウンドした瞬間にある程度失速してくれますから、何とかなってしまうもの。

でもボレーは、相手のボールの勢いのある状態で触るショットですから、恐怖心も付いて回ります。

ですが、自信を持てるようになると試合でもすごく楽に返球出来るようになると思いますよ。

 

速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

 


 

1.目線を低くする

相手のボールが速い時には、少しだけ目線を低くする。

低い構えで待てると、ボールもよく見えるようになります。

膝を柔らかくして、上体を起こして目線を低くする、だけで、速いボールでも反応出来るようになる。

精神的にも落ち着けるので、恐怖心が無くなると思います。

 

2.肘をしっかり前に出す

速いボレーは、当然打点を前にしてさばきたい。

だから、自分の肘の位置が前、にあるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

ラケットを引いてしまう、テイクバックが発生すると速いボールのボレーはもうアウト、でしょう。

肘を前に出して、パン!と合わせるようなシンプルなボレー、を意識してみて下さい。

 

3.速いボールが来るのは、胸から顔の高さ

テニスの試合、ある程度前に詰めていたら、速いボールが来る場所は限られている。

低い位置にはネットがあるので直線的なボールは来ないし、顔以上の高さはアウト、になる。

つまり、自分の胸から顔の高さあたりが、一番ケアしないといけないポイント、ということになります。

この辺りのボールを、しっかり上から抑えること。

振るのではなく、ラケットで抑えて弾かれないようにする、ことが大事なポイントです。

 

4.返すコースを決めておく

速いボールも、どこに返球するのかをイメージして待つ。

ことが出来ると、慌てないでラケット面作り、がスムーズに出来るでしょう。

後ろに引いてしまう人は、コースの結論が出ていない人が多い。

速いボールでも、相手が打つ前に「この辺に返そう」「打って来た相手に、返そう」と決めておけば大丈夫。

きっと、シンプルなボレーが出来るはずです。

 

5.少しだけスライス回転をかける

これがミソ、です。

少しだけ、上から抑える、スライス回転をかける。

速いボールって、どうしても反射的に当てるだけ、になってしまいがち。

でも、それだと弾かれてしまうケースが多くなります。

少しだけ、スライス回転をかけるボレー、で対応する。

そうすることで、相手の勢いを殺して返球出来るし、その後に攻撃され辛いボレーにすることが出来ます。

 

速いボールでも、基本に忠実に。

何より、シンプルに、恐怖心はなるべく持たないように。

恐れてしまうと、全てが崩れていってしまいますからね。

ぜひ、練習から速いボールを打ってもらう、という機会も作ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い

    ボレー戦の中で、ボールが浮いて相手のハイボレー。まずい!と思う…

  2. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  5. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について
  2. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し…
  3. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?
  4. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える
  5. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
PAGE TOP