テニス ボレー

ストローク

攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。

そんな方は、この基本を見直してみましょう。

相手もストローク、ベースライン上にいるようなシチュエーションなら、多少大きなフォームになっても良い。

意識したいのは、利き腕の肩を前に出す、ということです。

 

攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

 

1.相手もベースライン上にいるなら、大きく打ち終わろう!

相手がネットプレー、なら話は別ですけどね。

相手も後ろ、にいるなら、多少大きな打ち終わりをしても良い。

もちろん、打った後は素早く構え直す。

でも、小さいフォームになってもストロークに力強さが出ないですからね。

思い切って、利き腕の肩を前に出して終わる。

大きく身体を使うイメージで、フェデラー選手の動画をイメージしてみましょう。

リラックスして、すごく身体を大きく使えてますよね。

 

 

2.右利きの方なら、右肩を前で打ち終わる

ストロークの打ち終わり、みなさん意識出来ていますか?

利き腕が前、だけじゃちょっと弱い。

しっかり、利き腕側の肩が前に出て終わる、ことを意識しましょう。

結構、グイッと前に出ていく感じだと思いますよ。

押し出すというより、スウィングの余韻でしっかり前に出る感じ。

肘を高い位置で終わると、なお良いですね!

これは、学生のみなさんに限ったことじゃない。

しっかりとベテラン、社会人やシニアの方にも使える基本です。

 

3.肩を入れ替える、くらいのつもりで良い

例えば右利きの方なら、打つ前のテイクバックした状態。

これは、左肩が前ですよね。

でも打ち終わったら、右肩が前。

肩を入れ替える、くらいの意識で良いでしょう。

そうすると、自然も打点が前になる。

打ち終わる形を意識すれば、必ずストロークはレベルアップ出来ます。

 

4.もし相手が前に出てきたら・・・

ちょっと、状況が変わります。

打ち終わりが明らかに大きいと、ボレーに反応出来ないですからね。

肩を前、に出すスウィングは少し小さくしていく必要があるでしょう。

このあたり、試合で使い分けること。

雁行陣から並行陣、に相手が動いて来る可能性もありますからね。

大きなスウィングで押し込む時も必要、コンパクトに打って足元に沈めること、も必要。

それが、テニスという競技です。

 

まずはフォアハンドストローク、パワーアップさせていきましょう。

肩の位置を変えるだけで、結構打ち終わりが「ダイナミック」になるはずなんです。

強打しようとするのではなく、大きな振り、ダイナミックな動きにしていく。

肩を前で終わる、だけでかなり違うと思いますよ。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. ストローク

    打てそうなボールほど、引き付ける

    相手のボールが力無さそうに見える。叩けそうだからと言って勇ん…

  2. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとし…

  6. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

特集記事

  1. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットをしっかり決めるコツは、〇〇に有り!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
PAGE TOP