テニス ボレー

ストローク

攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。

そんな方は、この基本を見直してみましょう。

相手もストローク、ベースライン上にいるようなシチュエーションなら、多少大きなフォームになっても良い。

意識したいのは、利き腕の肩を前に出す、ということです。

 

攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

 

1.相手もベースライン上にいるなら、大きく打ち終わろう!

相手がネットプレー、なら話は別ですけどね。

相手も後ろ、にいるなら、多少大きな打ち終わりをしても良い。

もちろん、打った後は素早く構え直す。

でも、小さいフォームになってもストロークに力強さが出ないですからね。

思い切って、利き腕の肩を前に出して終わる。

大きく身体を使うイメージで、フェデラー選手の動画をイメージしてみましょう。

リラックスして、すごく身体を大きく使えてますよね。

 

 

2.右利きの方なら、右肩を前で打ち終わる

ストロークの打ち終わり、みなさん意識出来ていますか?

利き腕が前、だけじゃちょっと弱い。

しっかり、利き腕側の肩が前に出て終わる、ことを意識しましょう。

結構、グイッと前に出ていく感じだと思いますよ。

押し出すというより、スウィングの余韻でしっかり前に出る感じ。

肘を高い位置で終わると、なお良いですね!

これは、学生のみなさんに限ったことじゃない。

しっかりとベテラン、社会人やシニアの方にも使える基本です。

 

3.肩を入れ替える、くらいのつもりで良い

例えば右利きの方なら、打つ前のテイクバックした状態。

これは、左肩が前ですよね。

でも打ち終わったら、右肩が前。

肩を入れ替える、くらいの意識で良いでしょう。

そうすると、自然も打点が前になる。

打ち終わる形を意識すれば、必ずストロークはレベルアップ出来ます。

 

4.もし相手が前に出てきたら・・・

ちょっと、状況が変わります。

打ち終わりが明らかに大きいと、ボレーに反応出来ないですからね。

肩を前、に出すスウィングは少し小さくしていく必要があるでしょう。

このあたり、試合で使い分けること。

雁行陣から並行陣、に相手が動いて来る可能性もありますからね。

大きなスウィングで押し込む時も必要、コンパクトに打って足元に沈めること、も必要。

それが、テニスという競技です。

 

まずはフォアハンドストローク、パワーアップさせていきましょう。

肩の位置を変えるだけで、結構打ち終わりが「ダイナミック」になるはずなんです。

強打しようとするのではなく、大きな振り、ダイナミックな動きにしていく。

肩を前で終わる、だけでかなり違うと思いますよ。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  2. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

    シングルスの試合で、苦戦するショットの代表格。それは、バックハ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  2. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です
  3. サーブ

    サーブの強化とは、多様性
  4. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つの…
PAGE TOP