テニス ストローク

ストローク

フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう

テニスの試合、やっぱり勝負を分けるのは「フォアハンドの威力」。

そう思っている人も、多いでしょう。

実際に、学生や一般の試合では本当にこういったこと、あると思います。

力任せではなく、身体を大きく使ったフォアハンド、パワーアップさせていきませんか?

 

フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう

 

1.ポイントは、打つ前と後での「肩の入れ替え」

今回のポイントは、コレです。

右利きの方であれば、テイクバック時は左肩が前、にある状態。

そこから打ち終わったら、しっかり右肩が前、にある状態を作ること。

意識するのは、これだけです。

しっかり上半身をリラックスさせて、打つ前と後で、左右の方の位置を入れ替えてみる。

「え!これだけ!?」と思った方、意外と出来ていないモノなんですよ。

 

2.肩を入れ替えれば、自然に打点が前になって体重が乗る

特に、ストロークが手打ちになっている人には、効果大、です。

テイクバックした状態から、前を向いて肩を入れ替える・・・ということは、かなり大きく振っている、ということですよね。

早い準備が必要ですし、打点を前にしないと肩は入れ替わりません。

「強く打つぞ!」と思うと、力が入ってしまう。

だから、テンポ良く「右の肩を、打ち終わったら前にある状態」にしてあげるだけ。

ジョコビッチ選手のフォアハンドストローク、がまさにこんな感じですよね。

 

3.コツは「頭の位置を動かさない」こと!

この打ち方、間違ってしまうとつい上半身が傾いてしまいます。

打点に近かったりすると、のけぞるような感じで打つことになりますからね・・・コツは、頭の位置と目線を、打つ前後で変えないこと。

しっかりと軸があって、その軸に両腕、両肩がつられて動く。

「でんでん太鼓」のような腕の使い方、が出来ればバッチリです。

目線がぶれなければ、頭の位置も変わらない。

威力はあるんだけど安定して、打ち終わりもスムーズなフォアハンド、になるはずです。

 

威力を出すには、身体の使い方から考える。

腕先だけだと、疲れるし怪我するし、何より安定しないから試合で使えません。

まずはゆっくり、肩の入れ替えの素振りをしてみて下さい。

イメージとしては、前に大きく、ジョコビッチ選手のフォアハンドのように・・・。

きっと試合で使える武器、に仕上がっていくはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について

    ストローク、ボレー、スマッシュ。サーブにリターン・・・。それ以…

  2. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  3. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に

    相手が打った瞬間に、そのショットがどこにバウンドするのか分かるかな?…

  4. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物

    みなさんも試合をしていて、「強い!」と感じる相手、いますよね。…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手に…
  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  3. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  4. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になること…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    初中級者でサービスゲームのキープにいつも苦労する人は、「発想の整理」だけで自信が…
PAGE TOP