テニス 読書

戦術

テニスの常識を疑えば、試合に強くなる

私たちが今まで、当たり前だと思ってきたこと。

テニスについて学んできたこと、教わってきたこと。

もしかしたら、それを常識と呼ぶのかも知れませんね。

であるとしたら、その常識に囚われるということは、自分の殻に閉じこもるのと同じ。

私は、そこを打破してこそ、試合に強くなれるんだと思いますよ。

 

テニスの常識を疑えば、試合に強くなる

1.セオリー、常識、サヨウナラ

私は、そもそもこの概念でこのT-PRESS、のサイトを始めました。

私自身、学んできたテニスを否定するつもりはありません。

基本は今も昔も変わらない、その基礎があるからこそ、応用が出来る。

でも、試合に勝ちたいなら、一回その基本やセオリー、常識といったものを「客観視」しないといけない。

客観視して、一度自分から離れてみる。

距離を置いてみることで、実は試合に勝てるヒントが見えて来ることが多い。

これは、私の経験上間違いなく、自信を持って言える部分です。

 

2.基本となるアドバイス、を客観視してみると

例えば、よくあるアドバイスとしてはどんなもの、基本要素があるでしょうか?

「ロブは高い軌道で!」

「ドロップショットは甘くならないように!」

「後衛は前衛をカバーしましょう!」

といった内容のもの、当然テニススクールでも教わりますよね。

これは、いわゆるセオリーですから。

誰も否定できないですし、そりゃそうですよね、となります。

でも、みなさんもお気付きの通り、こういうテニスで勝てる試合、相手は限られています。

セオリー通りの相手は、戦いやすい。

だって、自分が教わっているようなテニス、をそのまま実践してくれる訳ですからね。

例題と同じ問題ばっかりのテスト、なんて楽勝じゃないですか。

 

3.セオリーや常識の逆、にヒントがある

私は何度も書いて来ましたが、先ほどの基本戦術、セオリー、常識の逆、が試合では効果的だと思います。

高いロブより、低いロブの方が攻撃的で相手は落として返球、することが出来ない。

ドロップショットは甘いくらいでも、打っていけば相手は前に出て来るからミスが増える。

前衛の後ろを後衛がカバーしていたら、いつまで経っても前衛はスマッシュで攻撃出来ない。

うん、当たり前のことじゃないですか?

強い選手、ダブルスペアほど、セオリーと逆なことを試合では実践している。

そして、セオリーや常識といったものを拠り所にしている相手を、バッタバッタとなぎ倒している。

私はそういう選手、の方が未来があると思います。

 

4.アナタがどう考えるのか、が大事

「そっか、じゃあセオリーの逆で良いんだ!」と思うのも、あまりに浅はか。

当然、強い相手はセオリーの逆の対応だって上手い。

一番大事なのは、アナタ自身がどう考えて、どう試合で使うかです。

それはつまり、アナタ自身のテニスへの姿勢、スタンスとも言えるでしょう。

常識の囚われて、この先も自分のテニスを狭めてしまうのか。

それとも、客観的な視点を自分で考えて、新しいテニスを作り上げていくのか。

肝心なのは、アナタの決断と意志です。

 

常識を疑うことは、何もテニスだけに限った話ではないでしょう。

全てを否定するつもりはないですが、常識とは万人の人向けに「誰も否定できないようなこと」がほとんど。

そういうものだけ、だと試合で勝つのは難しい。

今までやってきたテニス、習ってきたテニスだけが全てじゃない、ということだけは覚えておいて欲しい。

そこから、きっと本当のオリジナルなアナタのテニス、が生まれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

  2. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

  3. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  4. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

  6. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる
  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  3. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
  4. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう
  5. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?
PAGE TOP