テニス 準備

戦術

勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。

でも、それが通じる相手がいれば通じない相手、もいるのがテニス。

試合の途中から対応されるケースも多いですしね。

当たり前ですが、何かに固執すると勝ちパターンでも危険。

むしろ、それが負けパターン、になってしまう可能性だって高いんです。

 

勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

 


 

1.勝ちパターン、という甘い罠

これにはまる人は、多いです。

例えば、ドロップショット。

私は好きで試合でもよく使いますが、つい使い過ぎてしまう。

相手に大事なところで対応されて、「でも、今まで効いてたし・・・」と思って、つい使ってしまう。

こうなると、もうドロップ病です。

打っては読まれ、拾われて反撃される。

この繰り返しで、負けていく経験、たくさんしてきました。

 

2.勝ちパターンは、「相手によって」変わる

テニスも人がやるスポーツ。

アナタ自身の勝ちパターン、それは相手によって変わってくるでしょう。

この部分、しっかり覚悟しておきましょう。

軸となる作戦、戦術はあって良い。

自信を持って、勝利に近付く戦略、ですね。

でも、当然相手によって変わります。

だからこそ、勝ちパターンに固執しない、頼らない。

この戦い方のスタンス、大事です。

 

3.せめて、前と後ろの両方で勝ちパターンを用意しよう!

考えておきたいのは、ネットプレー、ベースラインプレー、この2つ。

この2つの場所で、しっかり勝ちパターンを持っておく。

前だけ、後ろだけ、だと厳しいでしょう。

ドロップ系のショットも、後ろだけじゃなくて前でも使えるとパターンが拡がる。

パターンが拡がることで、相手に的を絞らせない、勝ち試合を逃さない。

テニスの試合では、前と後ろ、両方でのプレーが求められますからね。

覚悟して準備、しておきましょう!

 

4.勝ちパターンは負けパターンに、その逆もあり得る

戦術は、本当に表裏一体。

勝ちパターンが、いつでも負けパターンに変わってしまう、恐ろしいもの。

もちろん、その逆もあります。

例えば、私はいつも試合で「サーブが入らない」のが負けパターンでした。

だからこそ、サーブを変えてファーストサーブから速度を捨てる、出来るだけダブルスは前衛に触ってもらう工夫、をすることが出来ました。

負けパターンから、自分を変えていけるきっかけにもなる。

とにかく何でも、固執することは危険、ですね。

表裏一体なら、常に自分で先入観を持たずに勝ちパターンを考えておく。

そんなテニス選手は、ずっとこの先も成長していけますよ。

 

無意識に、人は固執するものです。

成功体験、何でもそうですが・・・テニスだけじゃないですよね。

勝ちパターンは大事、でも固執しない。

自分の世界を自分で狭めていく、のはもったいないですからね。

テニスを通じて自分を変えていく、この覚悟が大事です。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある

    不思議なもので、あるんですよ。どんなに練習しても、練習しても…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に個性を出していく

    色んなプレースタイルがあるけど、君はどんなテニスで戦っている?…

  3. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

  4. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  5. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう

    テニスにおける戦術の基本、もう一度確認しておきましょう。ミスは…

  6. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  2. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
  3. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ
  4. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星
  5. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト
PAGE TOP