テニス サイト

練習メニュー

あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

みなさんが、普段当たり前だと思ってやっていること。

今までやってきたから、続けていること。

それを、見直してみる機会は絶対に必要でしょう。

強い意志が無いと難しいですが、実はそこに、アナタ自身の成長の大きな種がある。

私はそう思いますよ。

 

あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

 

1.例えばショートラリーからの練習開始、って当たり前?

確かに、ショートラリーはテニスの練習のウォーミングアップとして最適です。

しっかり振り切れる、そして足を動かして感覚を掴むには、良いメニュー。

でも、毎回それをやって練習、に入る必要ってあるでしょうか?

私は、絶対ではないと思います。

毎回同じような入りだと、どうしてもチームも自分もだれてしまう。

だからこそ、たまにはボレーボレーから入ったり、ゲーム形式から入っても良い。

ショートラリーからの練習、を無くしてみる、と何が起きるのでしょうか。

私は、ある変化だと思いますよ。

 

2.ウォーミングアップ前、から自己責任

私なら、ショートラリーと同じ準備を自分でやる。

素振り、軽いランニング、全体練習の前に出来ること、たくさんあるはずです。

例えば、無理な話かもしれませんが試合から入る、と分かっていたらみなさんどうでしょう?

練習の集合、すごく速くなると思いませんか?

いきなり試合、だから変なプレーは出来ない。

だから先に準備して、しっかりした状態で入る。

ん?これって、普段の試合と全く一緒、じゃないですか?

意外と、「当たり前に思っていること」が効果が無い、止めていくことで、効果を発揮する。

こういうことって、テニス以外でも多いと私は思いますよ。

 

3.誰だって、何かを「止める」ことが怖い

実際に、そうだと思います。

誰かが決めたこと、前から続いていることを続けた方が楽ですからね。

でも、それだと進歩が無いし自分の考え、が出てこないですよ。

いつまで経っても。

止めるのは、怖い。

何かが失われていくイメージ、しか湧かないですからね。

それに、止めた後はアナタのオリジナリティが問われる。

すごく不安なのは、分かります。

でも、もしテニスの試合で強くなりたい、結果を出したいなら、私は必要なステップだと思います。

「当たり前にある」と思っているものを、変えていく。

全ては、疑問と意志を持つところから始まるんです。

 

4.「テニス界の常識を疑う」ことこそ、アナタに必要な要素

私は、常にこの意識を持っています。

今のテニス界の常識も、誰かが何となう思い付きで作っただけ。

だから、そこに深い意義なんて無い。

あっても、時代の流れと今の自分の環境、で絶対に変わる。

常識を疑うことって、楽しいですよ。

だってそこには、思わぬ発見や新しい出会いがあるから。

最初は大変ですけど、それでも試合での大変さに比べれば、大したこと無いじゃないですか。

常識を疑うことは、自分の意志を持つということ。

アナタ自身、そろそろテニスでも、こういうアクションが必要だと思いますよ。

 

まず、書き出してみましょうか。

アナタ自身が、当たり前だと思って継続していること。

そこに、疑問を持ってみる。

本当に必要なのか?変えたらどうなるのか?

止めて埋めるのは、アナタ自身のオリジナルのピースです。

どうでしょう。

ちょっとワクワク、してきませんか?

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!

    「家でも出来る練習は無いですか?」とよく質問を受ける。素振りが…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
  3. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」に…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合中のガッツポーズは、「自分自身に向けてやる」からこそ価値がある
  5. テニス 走力

    その他

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
PAGE TOP