テニス サイト

練習メニュー

あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

みなさんが、普段当たり前だと思ってやっていること。

今までやってきたから、続けていること。

それを、見直してみる機会は絶対に必要でしょう。

強い意志が無いと難しいですが、実はそこに、アナタ自身の成長の大きな種がある。

私はそう思いますよ。

 

あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

 

1.例えばショートラリーからの練習開始、って当たり前?

確かに、ショートラリーはテニスの練習のウォーミングアップとして最適です。

しっかり振り切れる、そして足を動かして感覚を掴むには、良いメニュー。

でも、毎回それをやって練習、に入る必要ってあるでしょうか?

私は、絶対ではないと思います。

毎回同じような入りだと、どうしてもチームも自分もだれてしまう。

だからこそ、たまにはボレーボレーから入ったり、ゲーム形式から入っても良い。

ショートラリーからの練習、を無くしてみる、と何が起きるのでしょうか。

私は、ある変化だと思いますよ。

 

2.ウォーミングアップ前、から自己責任

私なら、ショートラリーと同じ準備を自分でやる。

素振り、軽いランニング、全体練習の前に出来ること、たくさんあるはずです。

例えば、無理な話かもしれませんが試合から入る、と分かっていたらみなさんどうでしょう?

練習の集合、すごく速くなると思いませんか?

いきなり試合、だから変なプレーは出来ない。

だから先に準備して、しっかりした状態で入る。

ん?これって、普段の試合と全く一緒、じゃないですか?

意外と、「当たり前に思っていること」が効果が無い、止めていくことで、効果を発揮する。

こういうことって、テニス以外でも多いと私は思いますよ。

 

3.誰だって、何かを「止める」ことが怖い

実際に、そうだと思います。

誰かが決めたこと、前から続いていることを続けた方が楽ですからね。

でも、それだと進歩が無いし自分の考え、が出てこないですよ。

いつまで経っても。

止めるのは、怖い。

何かが失われていくイメージ、しか湧かないですからね。

それに、止めた後はアナタのオリジナリティが問われる。

すごく不安なのは、分かります。

でも、もしテニスの試合で強くなりたい、結果を出したいなら、私は必要なステップだと思います。

「当たり前にある」と思っているものを、変えていく。

全ては、疑問と意志を持つところから始まるんです。

 

4.「テニス界の常識を疑う」ことこそ、アナタに必要な要素

私は、常にこの意識を持っています。

今のテニス界の常識も、誰かが何となう思い付きで作っただけ。

だから、そこに深い意義なんて無い。

あっても、時代の流れと今の自分の環境、で絶対に変わる。

常識を疑うことって、楽しいですよ。

だってそこには、思わぬ発見や新しい出会いがあるから。

最初は大変ですけど、それでも試合での大変さに比べれば、大したこと無いじゃないですか。

常識を疑うことは、自分の意志を持つということ。

アナタ自身、そろそろテニスでも、こういうアクションが必要だと思いますよ。

 

まず、書き出してみましょうか。

アナタ自身が、当たり前だと思って継続していること。

そこに、疑問を持ってみる。

本当に必要なのか?変えたらどうなるのか?

止めて埋めるのは、アナタ自身のオリジナルのピースです。

どうでしょう。

ちょっとワクワク、してきませんか?

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー

    ダブルスの並行陣、いざ試合で使おうと思うと・・・。結構相手前衛…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  4. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

    試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。…

  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

  6. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、イン…
  2. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  3. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう
PAGE TOP