テニス 練習

シングルス

「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。

とはいえ、試合を勝ち進んでいけば3セットマッチを戦う日が必ずきます。

「それは上手くなって、勝てるようになってから・・・」と考えている方は、いつまで経っても試合を勝ち進むことはありません。

自分が実現したいことは常にイメージして、準備できるようにしましょう!

 

「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

 


 

1.格上相手に長期戦のプランを立てられるかどうか

3セットマッチは、ただでさえ長丁場の戦い。

初めて戦う人にとっては、勝っても負けてもとても長く感じることでしょう。

勝ち進んで3セットマッチを体験するということは、相手は格上の選手が想定されますよね。

とにかく試合を「長く」する覚悟を持ちましょう。

相手に嫌がられるように、サーブやリターンのミスを減らし、積極的にネットに出つつ粘るポイントも混ぜる。

アナタの自信のあるテニスを、根気良く続けていくことが大切です。

 

2.自分のテニスの手持ち武器を事前にしっかり確認しておく

長期的な試合の中で、自分の武器は何なのかを確認しましょう。

そしてそれが、できるだけ相手に悟られないようにできると、3セットマッチの中でもメリハリを付けられます。

例えばアナタが「バックハンドストロークが得意」なのであれば、あえて序盤はフォアハンド中心で挑んでみる。

中盤からバックハンドの武器を出すことで、相手は「狙っていたけど、実は得意なのかも・・・」という迷いが生じてきます。

こういう心理戦を仕掛けていけるのも、3セットマッチの魅力です。

 

3.試合中に何度も「変身」していくイメージでちょうど良い

2.で述べたように、アナタは試合の中で変身していくことがポイント。

相手から何を考えているか悟られないように、粘り強いテニスをベースとしながらも、時々色々な武器を見せましょう。

それは、試合の序盤にバリエーション多くを見せておくこと。

格上の選手でも、手数が多い選手は嫌なもの。

正統派のテニスしかしてこない、ストロークを下がって粘ってばかりいる相手、は非常にやりやすいのです。

 

4.テニスの実力差があっても、試合の中での「プレッシャー」は変わらない

どんなに上手い選手でも、プレッシャーは必ずかかります。

それは勝利の目前であり、また観客が多い試合環境であり色々ですが、アナタ自身が初めての3セットマッチだからと言って、負い目に感じる必要は全くありません。

大切なのは、その「プレッシャー」としっかり向き合って自分と会話すること。

「緊張してるな、OK」という独り言は、頭の中で普段から言っておくと良いでしょう。

3セットマッチの試合は、終盤になると勝ち負けの重圧が両方にかかります。

それくらい過酷な闘いの最後は、誰しも緊張するのです。

 

5.試合前に準備できることは、全部準備して挑みましょう

水分補給、捕食、テニスノート、予備のラケット・・・。

戦いに挑むアナタの装備、万全ですか?

この試合前の準備は、初めてであろうが初心者であろうが、実践しようと思えば誰でも実践できます。

意外とびっくりすることに、3セットマッチでドリンクが無くなる選手も多い。

これでは勝てる試合も勝てません。

今一度、アナタの準備リストを見直しておきましょう。

 

3セットマッチの試合には、経験が必要です。

ただし、初めて挑む人にとっては、「何を感じるか」がとても大切。

最初の試合で苦手意識を持ってしまうと、その後長くついて回るかも知れません。

まずは自分のテニスを知ること、確認すること。

そして準備できることは、全てやり過ぎるくらい準備することが大切です。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

    テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

    シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。攻撃につい…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  6. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
  2. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけに…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方と…
  4. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
PAGE TOP