テニス 練習

シングルス

「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。

とはいえ、試合を勝ち進んでいけば3セットマッチを戦う日が必ずきます。

「それは上手くなって、勝てるようになってから・・・」と考えている方は、いつまで経っても試合を勝ち進むことはありません。

自分が実現したいことは常にイメージして、準備できるようにしましょう!

 

「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

 


 

1.格上相手に長期戦のプランを立てられるかどうか

3セットマッチは、ただでさえ長丁場の戦い。

初めて戦う人にとっては、勝っても負けてもとても長く感じることでしょう。

勝ち進んで3セットマッチを体験するということは、相手は格上の選手が想定されますよね。

とにかく試合を「長く」する覚悟を持ちましょう。

相手に嫌がられるように、サーブやリターンのミスを減らし、積極的にネットに出つつ粘るポイントも混ぜる。

アナタの自信のあるテニスを、根気良く続けていくことが大切です。

 

2.自分のテニスの手持ち武器を事前にしっかり確認しておく

長期的な試合の中で、自分の武器は何なのかを確認しましょう。

そしてそれが、できるだけ相手に悟られないようにできると、3セットマッチの中でもメリハリを付けられます。

例えばアナタが「バックハンドストロークが得意」なのであれば、あえて序盤はフォアハンド中心で挑んでみる。

中盤からバックハンドの武器を出すことで、相手は「狙っていたけど、実は得意なのかも・・・」という迷いが生じてきます。

こういう心理戦を仕掛けていけるのも、3セットマッチの魅力です。

 

3.試合中に何度も「変身」していくイメージでちょうど良い

2.で述べたように、アナタは試合の中で変身していくことがポイント。

相手から何を考えているか悟られないように、粘り強いテニスをベースとしながらも、時々色々な武器を見せましょう。

それは、試合の序盤にバリエーション多くを見せておくこと。

格上の選手でも、手数が多い選手は嫌なもの。

正統派のテニスしかしてこない、ストロークを下がって粘ってばかりいる相手、は非常にやりやすいのです。

 

4.テニスの実力差があっても、試合の中での「プレッシャー」は変わらない

どんなに上手い選手でも、プレッシャーは必ずかかります。

それは勝利の目前であり、また観客が多い試合環境であり色々ですが、アナタ自身が初めての3セットマッチだからと言って、負い目に感じる必要は全くありません。

大切なのは、その「プレッシャー」としっかり向き合って自分と会話すること。

「緊張してるな、OK」という独り言は、頭の中で普段から言っておくと良いでしょう。

3セットマッチの試合は、終盤になると勝ち負けの重圧が両方にかかります。

それくらい過酷な闘いの最後は、誰しも緊張するのです。

 

5.試合前に準備できることは、全部準備して挑みましょう

水分補給、捕食、テニスノート、予備のラケット・・・。

戦いに挑むアナタの装備、万全ですか?

この試合前の準備は、初めてであろうが初心者であろうが、実践しようと思えば誰でも実践できます。

意外とびっくりすることに、3セットマッチでドリンクが無くなる選手も多い。

これでは勝てる試合も勝てません。

今一度、アナタの準備リストを見直しておきましょう。

 

3セットマッチの試合には、経験が必要です。

ただし、初めて挑む人にとっては、「何を感じるか」がとても大切。

最初の試合で苦手意識を持ってしまうと、その後長くついて回るかも知れません。

まずは自分のテニスを知ること、確認すること。

そして準備できることは、全てやり過ぎるくらい準備することが大切です。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  2. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  6. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

特集記事

  1. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込める…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  3. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント
  5. テニス ボレー

    その他

    「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆…
PAGE TOP