テニス 部活

ダブルス

ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術

目次

初めて試合に出るけど、どうせなら良い試合をしたい。

ダブルスの試合に出る、その為に必要な最低限の戦術。

少しでも準備しておけば、試合で自信を持ってプレー出来るはず。

当たり前のことをしっかりする、だけで試合は作れるはず。

ぜひ、これから試合に出たいというみなさんは意識してみて下さい。

 
 


ダブルスの試合は、簡単に決まらない

初めてダブルスの試合をしたとき、「なかなか決まらないな・・・」と感じた方も多いはず。

試合だと、お互いに簡単なミスはしたくないので、つなぎ合いになる。

後衛が山なりなストローク、で打ち合うようなポイントも増えるでしょう。

前衛がボレーしたくても触れない・・・ような膠着状態、なポイントになっても焦らないことが大事です。

その中で、どういう戦術を混ぜていくのか。

シンプルに考えていきましょう。




1.ストレートロブを使う

後衛の選手が、相手前衛の選手の上を狙う。

頭上を通過させて、相手の後衛を走らせるようなイメージで展開してみましょう。

恐らく、相手の前衛もよほどボレーに自信が無い限り、後衛に任せるようなケースが多いでしょう。

こうやって相手のポジションを変えてあげると、焦ってミスしてくれる可能性も高い。

ずっとクロスだけで打ち合う、よりも前衛の上を狙う。

これはぜひ、初心者の方でも取り入れて欲しい作戦です。



2.浅いボールを使う

相手の陣形が、後衛が下がっている雁行陣なら。

上手く、その後衛の前のスペースを突いていきましょう。

初めて試合に出る時には、なかなか攻撃って勇気要りますよね。

精度の高いドロップショット、は必要ありません。

下がっている相手の前に、少し短めに打つくらいで充分。

大事なのは、アナタ自身が意図的に狙うこと。

スライスを使うのも、お勧めです。

単調に山なりにクロス、だけだと相手も慣れて来ますからね。



3.リターンをストレートへ

相手のサーブも、そこまで強力ではないでしょう。

セカンドサーブは、ぜひ相手の前衛を狙ってストレート、に打ってみましょう。

サイドアウトしないように、ぶつけるくらいの意識で良いと思います。

あまりに前に詰めている前衛なら、ストレートロブ、でも良いですね。

リターンをクロスに、が試合では基本ですが、特に女子ダブルスの試合ならボレーが苦手な人も多いはず。

ぜひ、その苦手なところを引き出して試合を楽に進めてみて下さい。



いかに相手を「落ち込ませるか」を考えよう

試合って、落ち込んだ方が大抵負けます。

ですから、アナタ自身が仕掛けて、上手く相手を凹ませていきたいんですよね。

ナイスショットよりも、相手のミスを誘うショット。

これを使えるように、上手く1~3の戦術を使ってみて下さい。

単調なラリーだけ、ではなく自分から変化を付けていく。

ダブルスですから簡単にポイントは終わりません。

上手く相手を動かす、前衛に苦手なボレーをさせてみる。

これでいきましょう!

   

初めて試合に出るみなさん、なかなか余裕が無いでしょう。

でも、少しでも戦術を準備していくことで、プレーに幅が出て選べる余裕も出て来るはず。

技術の問題ではなく、スタンスの問題。

これからダブルスの試合に出るみなさんのヒントになれれば、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?

    ダブルスの試合、まず基本は雁行陣。初心者の方も、最初に習ってや…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る

    ダブルスの試合、カッコイイ前衛とはこういうこと。味方の後衛、に…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも知れません

    ダブルスで、「Iフォーメーション」にトライしている皆さん、ポイントにつ…

  4. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について

    雁行陣の弱点について、試合ではどんどん突いていくという貪欲になって欲し…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  6. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

    ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入ります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショッ…
  3. メンタル

    動画を見て、その絶望を超えていけ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!
PAGE TOP