リターン

テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっている場合が多い。

特にバックハンドのリターンは、なかなか苦戦してるんじゃないでしょうか?

確かにバックハンドのリターンは難しい、試合の緊張感の中ではなおさらですよね。

であれば、思い切ってポジションを調整して、なるべくバックハンドを打たない作戦、取ってみませんか?

 

テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

 


 

■相手サーブの傾向、初中級までの相手なら読みやすい

相手のサーバーの実力、客観視してみましょう。

きっと、初中級レベルの相手、であればそんなに打てるコースは多くないはず。

「センターには絶対、打てないだろうな・・・」と直感で感じたら、思い切ってフォアハンド側を空けて準備しましょう。

相手がトスアップした瞬間に、1メートルくらい横に動いてみる。

これはテニスのおいて、反則ではありません。

この1メートルのポジション移動だけで、リターンが返球出来る確率はかなり上がるはずです。

 

■リターンが入らないと、試合にならない・・・!

「でもバックハンドも練習しないと・・・」と思うなら、それはしっかり練習でやりましょう。

試合では、何よりも結果重視。

リターンが入らないと、試合にならないし自分のサービスゲームにも影響が出てきます。

キレイにリターンする、バックに来たらバックで打つなんて必要は無いのです。

初心者から初中級の方は、テニスの試合もまじめに考え過ぎて負けてしまう方が多い。

もっともっと、リターンはポジションから工夫していきましょう。

 

■一番の目的は、「相手サーバーにプレッシャーをかける」こと

良いリターンを打つ、しっかり返球率を上げることは大事。

そして最終目標は、相手のサーバーに「コース読まれているな・・・リターンミスが無いな・・・」と思わせること。

これが効いてくると、ダブルフォルトしてくれるかも知れません。

まずはバックハンドが苦手、であればポジションを調整していく。

フォアハンドでどんどん回り込んで、チャレンジしていきましょう。

相手サーブに対しては、「きっと打てるコースは限られている」という意識をもって、序盤から観察していきましょう。

 

初心者から初中級の方は、リターンを「ストロークの延長線上」で考えている方が多い。

ですがこれって、全く別物です。

まず相手が打つのは、相手が自分でトスアップしたボール。

であればそこに、時間の隙が絶対に出来る。

しかも入ってくるコース、スペースは限られている訳ですよね。

考え方次第ですが・・・チャンス、工夫次第、だと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

    シングルスの試合の必殺技。今回は、私が使っているある「リターン…

  2. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る

    マッチポイント、絶対に取りたい・・・。と、意気込んで挑む中でも…

  3. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

  5. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

  6. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは?

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  2. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考え…
  3. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い
  4. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
  5. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる
PAGE TOP