リターン

テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっている場合が多い。

特にバックハンドのリターンは、なかなか苦戦してるんじゃないでしょうか?

確かにバックハンドのリターンは難しい、試合の緊張感の中ではなおさらですよね。

であれば、思い切ってポジションを調整して、なるべくバックハンドを打たない作戦、取ってみませんか?

 

テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

 


 

■相手サーブの傾向、初中級までの相手なら読みやすい

相手のサーバーの実力、客観視してみましょう。

きっと、初中級レベルの相手、であればそんなに打てるコースは多くないはず。

「センターには絶対、打てないだろうな・・・」と直感で感じたら、思い切ってフォアハンド側を空けて準備しましょう。

相手がトスアップした瞬間に、1メートルくらい横に動いてみる。

これはテニスのおいて、反則ではありません。

この1メートルのポジション移動だけで、リターンが返球出来る確率はかなり上がるはずです。

 

■リターンが入らないと、試合にならない・・・!

「でもバックハンドも練習しないと・・・」と思うなら、それはしっかり練習でやりましょう。

試合では、何よりも結果重視。

リターンが入らないと、試合にならないし自分のサービスゲームにも影響が出てきます。

キレイにリターンする、バックに来たらバックで打つなんて必要は無いのです。

初心者から初中級の方は、テニスの試合もまじめに考え過ぎて負けてしまう方が多い。

もっともっと、リターンはポジションから工夫していきましょう。

 

■一番の目的は、「相手サーバーにプレッシャーをかける」こと

良いリターンを打つ、しっかり返球率を上げることは大事。

そして最終目標は、相手のサーバーに「コース読まれているな・・・リターンミスが無いな・・・」と思わせること。

これが効いてくると、ダブルフォルトしてくれるかも知れません。

まずはバックハンドが苦手、であればポジションを調整していく。

フォアハンドでどんどん回り込んで、チャレンジしていきましょう。

相手サーブに対しては、「きっと打てるコースは限られている」という意識をもって、序盤から観察していきましょう。

 

初心者から初中級の方は、リターンを「ストロークの延長線上」で考えている方が多い。

ですがこれって、全く別物です。

まず相手が打つのは、相手が自分でトスアップしたボール。

であればそこに、時間の隙が絶対に出来る。

しかも入ってくるコース、スペースは限られている訳ですよね。

考え方次第ですが・・・チャンス、工夫次第、だと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

  2. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  4. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  5. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  6. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

特集記事

  1. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった
  2. 戦術

    先を読むのは難しくない、行動することが難しい
  3. テニス ボレー

    ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番
  4. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!…
PAGE TOP