リターン

テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっている場合が多い。

特にバックハンドのリターンは、なかなか苦戦してるんじゃないでしょうか?

確かにバックハンドのリターンは難しい、試合の緊張感の中ではなおさらですよね。

であれば、思い切ってポジションを調整して、なるべくバックハンドを打たない作戦、取ってみませんか?

 

テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

 

■相手サーブの傾向、初中級までの相手なら読みやすい

相手のサーバーの実力、客観視してみましょう。

きっと、初中級レベルの相手、であればそんなに打てるコースは多くないはず。

「センターには絶対、打てないだろうな・・・」と直感で感じたら、思い切ってフォアハンド側を空けて準備しましょう。

相手がトスアップした瞬間に、1メートルくらい横に動いてみる。

これはテニスのおいて、反則ではありません。

この1メートルのポジション移動だけで、リターンが返球出来る確率はかなり上がるはずです。

 

■リターンが入らないと、試合にならない・・・!

「でもバックハンドも練習しないと・・・」と思うなら、それはしっかり練習でやりましょう。

試合では、何よりも結果重視。

リターンが入らないと、試合にならないし自分のサービスゲームにも影響が出てきます。

キレイにリターンする、バックに来たらバックで打つなんて必要は無いのです。

初心者から初中級の方は、テニスの試合もまじめに考え過ぎて負けてしまう方が多い。

もっともっと、リターンはポジションから工夫していきましょう。

 

■一番の目的は、「相手サーバーにプレッシャーをかける」こと

良いリターンを打つ、しっかり返球率を上げることは大事。

そして最終目標は、相手のサーバーに「コース読まれているな・・・リターンミスが無いな・・・」と思わせること。

これが効いてくると、ダブルフォルトしてくれるかも知れません。

まずはバックハンドが苦手、であればポジションを調整していく。

フォアハンドでどんどん回り込んで、チャレンジしていきましょう。

相手サーブに対しては、「きっと打てるコースは限られている」という意識をもって、序盤から観察していきましょう。

 

初心者から初中級の方は、リターンを「ストロークの延長線上」で考えている方が多い。

ですがこれって、全く別物です。

まず相手が打つのは、相手が自分でトスアップしたボール。

であればそこに、時間の隙が絶対に出来る。

しかも入ってくるコース、スペースは限られている訳ですよね。

考え方次第ですが・・・チャンス、工夫次第、だと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局はスト…

  2. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  3. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです

    リターンでどうしても、調子が上がらない時。こういう発想を持てる…

  4. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  5. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  6. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入ら…
  3. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアッ…
  4. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的
  5. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ
PAGE TOP