テニス メンタル

リターン

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

リターンに悩んでいる人は、特に試合に出ている人で多い。

左利きのスライスサーブ、男性のキックサーブ・・・対応しないといけないサーブは多いのに、自分のリターンで対応出来ているかどうか不安になってる方、いませんか?

試合巧者は、リターン巧者。

特にスライスサーブにしっかり対応できると、ベテランペアやミックスダブルスの試合でも効果的。

今回は曲がるサーブに対して、しっかり身体を寄せていく点を確認しておきましょう!

 

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

 


 

■曲がるサーブは、後ろで待っていては苦しくなるだけ!

大きく曲がるスライスサーブ、最近ではラケットとガットの進歩により、多くの方が打てるようになりました。

ベテランの女性プレイヤーの方でも、低い打点からしっかりカットするようにして打てば、ボールは2~3メートルくらいは横に曲がる。

ただ前に踏み込んでいくリターンでは、対応しきれない場合が多いですよね。

意識したいのは、「サービスエリアのバウンド地点から、どれだけ曲がるか」をしっかり見定めることです。

 

■スライスサーブはバウンド直後が最も変化しやすい

スライスサーブが曲がるタイミング、一番大きく変化するのはボールがバウンドしたタイミングです。

ここに対して、しっかり身体を寄せていかないと、腕を伸ばしてやっと届く・・・ようなリターンになって、安定しない。

身体からぶつけていくのは少し勇気が要りますが、変化を予測出来ていれば怖くない。

しっかり自分にとって良い距離感で打てるには、変化を予測し対応、自分から決断していかないとテニスでは勝てません。

 

■左利きのサーブであれば、バックハンドになるので・・・

左利きのサーブに対応するには、より身体を近づける必要があるでしょう。

なぜならアナタ自身のバックハンドは、フォアハンドよりもリーチが短いから。

打点が近すぎると問題ですが、最初はそれくらいの気持ちでしっかり大胆に動いていく方が良いでしょう。

「思ったよりも曲がらなかったな・・・」という反省は、次に活かせる。

ゲームの中で調整していけるように、序盤でしっかりデータを溜めましょう。

 

スライスサーブは、何かを変えないとリターンが難しい。

確かにリターンはストロークの延長で考えても良い部分はありますが、スライスサーブへの対応はやはり特殊。

横回転で滑ってくるサーブは、自分なりにどう対応していくかの結論を出しておくことが大事。

迷いがあると、それは相手にも伝わってつけ込まれます。

まずはしっかり身体を寄せて、曲がる軌道をイメージしながら前に踏み込んでいくリターン、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

    ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみな…

  2. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  3. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

  4. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  5. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

    試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!順調な滑り出しの…

  6. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

特集記事

  1. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  2. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?
  3. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
  4. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメン…
  5. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!
PAGE TOP