ロブ

女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

現代テニスでは、ラケットの進化によりストロークの技術がどんどん進歩しています。

その大きな特徴の一つが、トップスピンロブ。

一昔前までは、スィングスピードが速いプロ選手のみが扱えるイメージでしたが、今は一般の女性プレイヤーの方でも試合で使う方が増えてきました。

ダブルスでもシングルスでも有効なこのショットを覚えて、テニスのレベルをワンランク上げていきましょう!

 

女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

■同じストロークの構えから打ち分けられると、ネットプレイヤーは苦しい

トップスピンロブは通常のストロークより、少し打ち方が異なります。

バックハンドではフォロースルーを短く取り、グリップも少し厚めに握る必要がありますね。

ここをしっかり、相手にばれないように肩を入れた状態を作りましょう。

「特別なショット」を打つ意識があると、身体が早く開いて前に向いてしまう可能性もあるので、あくまで自然に、いつものストロークと同じ感覚で打てるように練習が必要です。

 

■ラケットに当たった後に「引く」動作ができればOK!

バックハンドを両手で打っている方は、トップスピンロブは本当にお勧めです。

いつものストロークの軌道を上げ、回転量をアップさせていけば自然にトップスピンロブになっていきます。

ネットプレイヤーに向かって打つ意識としては、相手の頭の上にいかに「速く」ボールを通過させられるか。

高過ぎると時間も与えてしまいますし、アウトしてしまう可能性も出てきます。

その為には、ボールを打った後にラケットを「引き戻す」ような動きができるとベスト。

その分、インパクトがコンパクトになり、効果的なトップスピンロブになります。

錦織選手のフォームをイメージしてみましょう!

 

■片手バックハンドよりも、構え直しやすい

両手バックハンドのメリットは、構え直しの速さです。

片手バックハンドは身体が開いた、つまり左右の手が離れた状態で打ち終わるのに対し、両手はラケットを持ったままですので、次の動作が早くなります。

ネットプレイヤーのボレーに対しても、早い準備で対応できるのが魅力です。

一度トップスピンロブを触らせて、態勢を崩して次で仕留める、という作戦もできますね。

 

トップスピンロブ=上級者の技術、という先入観は捨てましょう。

むしろ初中級の方こそ、必要な技術です。

相手が初中級レベルの試合であれば、ダブルスの雁行陣を揺さぶったり、シングルスで前におびき寄せて上から抜いたり、色々と活用の幅があります。

ぜひこの機会に、練習して試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

  2. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

    テニスコートって、高台に多い。そう感じるのは、私だけでしょうか…

  3. ロブ

    ロブを追いかけながら、結論は早く出す!

    最近試合を観ている中で、感じていること。観ているだけじゃなく…

  4. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  5. ロブ

    中途半端なロブケア、一番ダメ

    ダブルスの試合をしていて、特に女子ダブルスで感じること。前に…

  6. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ

    ロブを打って、相手を攻める、崩す。これは、ダブルスの試合では必…

特集記事

  1. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても・・・
  3. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない
  4. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない
  5. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう
PAGE TOP