テニス ストローク

ボレー

テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

並行陣で戦うダブルスではもちろん、雁行陣でも陣形を崩されたりしてネットから少し離れたポジションにいると、必然的に打つ機会が多くのなるのがハーフボレー。

早い準備とライジングの感覚が必要ですので、苦手意識を持っている方も多いんじゃないでしょうか。

確かに難しい技術ではありますが、ちょっとした視点を変えることで「意外とできるかも!」と感じるようになるかもしれません。

今日はそんなヒントになればと思いまして、まとめてみました!

テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

 

1.「ボール自体の勢い」は死んでいるので打ちやい

ハーフボレーは一度自分たちのコートにバウンドしているボールですから、ボールの勢いは一度死んでいます。

ですので打点を前にしてしっかりラケット面さえ作れば、腕への負担も少なくボールを運べることができます。

つい「沈められた!」と思って、焦って腕を伸ばしてしまいがちですが、しっかりひきつけて自分のタイミングで捕えることが大事です。

意識を変えれば、簡単に思えてくるかも知れません。

 

2.「ボールがバウンドした後の上への力」を利用すれば良い

ハーフボレーはバウンドして上に上がる途中で打つショットですから、ライジングショットの一種です。

であれば、この浮き上がるボールの力を利用しない手はありません。

ラケット面を被せ気味にセットして足を出していけば、通常のボレーよりも楽にボールを運べるはずです。

そのときには自分の目線も落とせるように、低い態勢で待って打てるように準備しましょう。

3.「スプリットステップを早め」にすれば、ゆっくり待って打てる

サーブ&ボレーの際に中級者の方でミスが多いのが、相手が打つ前にステップできていない、というパターンです。

早く前に行こうという気持ちが強く、自分の脚力が追い付いてきていないのが原因ですが、ハーフボレーを使えば早くスプリットステップを入れて、落ち着いて1stボレーを打つことができます。

サービスラインの少し後ろからでもOK。

気持ちに余裕ができると、不思議とハーフボレーも身体が動いて返球できるようになるはずです。

 

4.慣れればとっさに「ドロップボレー」に切り替えしやすい

これが一番お勧めなんですが、ハーフボレーは一瞬間がある(身体が止まって待てる)ので、グリップをギュッと握ってドロップショットに切り替えることができます。

皆さんも経験上、ハーフボレーが浅くなったことは多いと思いますが、試合ではもちろんそれが大きな武器になります。

エースにならなくても、相手を動かせればまずはOKと考えましょう。

沈められたボールを浅くドロップ気味に返球できるようになるのも、まずはハーフボレーから練習してみるのをお勧めします。

俄然、ノーバウンドの普通のボレーのほうがドロップボレーは難しいと思います。

 

こうやって並べてみると、今までの視点を少し変えるだけで新しい世界が広がりませんか?

いやいや、やっぱり難しいよという人は、どんどん打つ機会を増やしましょう。

もちろんボレーはしっかり動いてノーバウンドが基本ですが、その後のバランスも考えれば落としてハーフボレー、という局面も多くなります。

慣れれば実に、楽で実践でも使えるショット。

まずは意識して練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩

    ネットプレー、ボレーのときの予測。試合に出ている人は、この必要…

  2. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

    シングルスの試合で、ネットに出る。これはもう、大変ですよね。…

  3. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?
  2. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
  3. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?
  4. テニス チェア

    その他

    テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    大事な試合で棄権しない為に、「まずい…脚が痙攣してきたかも…」と感じたら、早めに…
PAGE TOP