テニス ミス

戦術

緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

相手にやられて、一番嫌なこと。

みなさんは、何でしょうか?

私は、コレです。

どんなに速いショット、力強いプレーを見せられるよりも、緻密なコントロールが何より嫌。

テニス以外のスポーツでもそうでしょうが、コントロールが良い相手って、それだけですごくプレッシャーなんですよね。

 

緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

 


 

1.コントロールが良い相手・・・攻めれない!

何より、私は攻撃がかなり厳しいと感じます。

結構、私自身試合でネットに出ることが多いんですが、そこで絶妙なロブ、パッシングショットが来る。

スピードは決して速くないんですが、コントロールが良い。

そういうカウンターを喰らうと、なかなか前に出ようという気持ちが出て来なくなるんですよね。

無理したショット、強引な攻めをして欲しいのに・・・。

コントロールが良い選手を相手にすると、プレッシャーになるし、疲れる。

それがテニスの試合、です。

 

2.全てが入って来る、ように感じてしまう

例えば、コントロールが良い選手と試合をするとします。

ほとんどミスが無い、遅いけどライン際のショットが入って来る。

そうなると、もう全てのショットが入って来る、ように感じてしまうことありませんか?

多少アウトかな?と思うロブでも、「きっとこの相手が打つんだから、入ってるんだよな・・・」と思いながら、追いかける、手を出していく。

そうこうしている内に、主導権を握られて敗戦・・・みたいな試合、きっとあるはず。

それだけ、コントロールの良さってテニスの試合では武器になる。

相手が、自分を信用してくれますからね。

 

3.序盤にナイスコントロール、見せておこう!

つまりは、こういうことです。

試合の序盤に、出来るだけナイスなコントロールショットを見せておく。

ロブやドロップショット、のように「ボールの遅さを活かせるショット」で打つことが大事ですね。

ストロークやサーブでも良いんですが、「遅いボールをコントロール出来ますよ」というところを見せておくこと、が試合の終盤にも効いて来ます。

だって、相手は全てを入ると信用して、コートを駆けずり回ってくれますから。

それだけで体力を削れるし、シングルスでもダブルスでも、精神的に優位に立って試合を進めることが出来ます。

 

4.緻密なショットは、回転をかけて打つことが第一

じゃあ、そういうコントロールの良いショットをどうやって打つのか、ということ。

しっかり、回転をかけることが第一です。

なぜなら、当てるだけのようなショットはラケットを振れないから、試合で打てないんですよね。

ボールは遅いんだけど、回転量が多くて、ラケットをある程度振り切れる。

上手い人って、こういうショットが多いと思いませんか?

みなさんも、ぜひ練習してみて下さい。

スライス、スピンで、まずはロブからですね。

精度の高いところ、を相手に見せてプレッシャーをかけていく。

これでいきましょう!

 

アナタ自身、コントロールの良い相手とどう戦うのか。

俗に言う「シコラーに弱い人」は、この丁寧さにすぐ屈してしまいますからね。

丁寧さに対応するには、丁寧さも必要。

ぜひ、緻密なコントロールで相手にプレッシャーをかけてみて下さい。

「あれ?アウトボールまで触ってくれてる・・・」と、なるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  2. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、…

  3. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?

    ストロークで、あと一押ししていきたいという場面。フォアハンドで…

  4. テニス メンタル

    戦術

    淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き

    テニスの試合って、同じことの繰り返し。のようなこと、が多いと思…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
  2. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手の高い打点からのフラットショット、を凌ぐ打ち方とは?
  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が…
PAGE TOP