テニス 練習

練習メニュー

部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

目次

夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!

でも、ついいつも同じ内容でマンネリになりがち・・・なことは無いですか?

そんなときこそ、基本の「き」を確認しておきたいところ。

テニスのチーム練習、にはコツがあるんです。

 

部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

 

1.球出し役、ボール拾い役を作る

交代で、しっかり役割を分担しましょう。

球出し役がいつも同じ人、になってはダメ。

「でも、出来る人がいなくて・・・」というチームは、いつまで経っても成長しない。

多少球出しのボールが荒れても、それはそれで打つ方も良い練習になる。

球出しする側も、実はすごく良い練習になるのがテニスです。

 

2.実戦形式を序盤に入れる

皆さんは試合形式、練習のラストの少しだけ、になってはいませんか?

テニスの試合に勝ちたいなら、試合形式を練習の序盤にやってみる。

そこで足りないものを確認して、練習していくと良いでしょう。

ラストに試合形式を実施しても、見つかった課題はまた明日練習?になりますよね。

絶対に忘れますから。

 

3.つなげるラリーから、攻撃し合うラリーに

テニスの練習で一番多いのが、「つなげ合うだけ」になってしまう時間のムダ。

これではせっかくコートの上で打っていても、なかなか上達しない。

2往復くらいつながったら、後はお互いに攻撃し合うことを意識しましょう。

それも、パワーではなくコントロール。

パワーを見せ付けたい人は、そもそも試合向きじゃない。

勝ちたいチーム、だったらコントロールやポジショニング、駆け引きで相手にプレッシャーをかけていきましょう。

 

4.ファーストショット練習を徹底的に

ファーストショットとは、テニスで一番最初に触るショット。

つまりは、サーブとリターンです。

この2つのショットが安定しないと、試合にならない。

練習ではしっかり時間を取って、「誰が、どういう練習で、何回入ったのか」まで記録する。

簡単なノートで良いと思います。

大事なのは、毎回同じような、ダラダラした練習にしないで記録する、ということです。

 

5.競争こそ、テニスの成長の源泉

普段の練習の中で、どんどん競争しましょう。

部内のランキングもしっかり制度を作る、先輩後輩でも、真剣勝負。

この競争が無いと、どんなに効率的な練習をしても無意味です。

部活でもサークルでも、試合に出て勝ちたいという仲間同士は良いライバル。

しっかり仕組みを作って、切磋琢磨していくことが大事です。

 

今回は抽象的な内容、になりましたが、ぜひ皆さんで具体策に落とし込んでみて下さい。

この夏にどういう練習をするか、で秋の大会シーズンの結果は変わります。

「今のままじゃ、まずいな・・・」と思っても行動に興せていない人。

動き出すなら今日から、ですよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 7/1(月) 高西コーチ 女子ダブルス レッスン&ゲーム会 in 世田谷…
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる

    部活やサークル、社会人チームやテニススクール。皆さんも色々な環…

  2. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  5. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習

    ダブルスの試合、前衛と後衛がめまぐるしく入れ替わる。これが硬式…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう
  2. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて
  3. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い
  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでい…
  5. サーブ

    テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くな…
PAGE TOP