テニス メンタル

その他

試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。

これでは、次からどうやって練習して良いのか、分かりませんよね。

試合で打っていたときの、自分のショットを思い出してみてください。

試合の直後、にこれを考えて記録出来る人は、強くなる。

ほとんどの人は、自分のミスから目を背けたいはずですからね。

 

試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

 

1.コントロールが割れるショット、は必ずある

きっと、みなさんも多少は自覚しているはずです。

試合になると、コントロールが割れてしまう、上手くいかないショット・・・はいつも決まっている。

サーブ、リターン、ボレー、スマッシュ・・・色々ありますよね。

まずは、出来るだけ最近の試合を思い出しながら、書き出してみてください。

ポイントは、書き出す、ということ。

目に見える形にしないと、人は冷静に客観視出来ないですから。

 

2.書き出してみたら、共通点を探してみる

例えば、私で言えば相手の深いボレーに対するストローク、ベースラインから打つロブ、といったところが「割れる」ショットでした。

書き出してみると、気付けるんです。

なんだ、ベースライン近くで追い込まれたら、必ずショットが割れているな・・・と。

「当たり前じゃないか」と思うかも知れないですが、この当たり前になかなか気づけないんです、こうやって書き出してみないと。

共通点が見つかったら、やることは明確ですね。

ベースライン上で追い込まれた時、にどうするのか。

そしてこの改善方法にも、私は一工夫したいと思っています。

 

3.苦手なショットをひたすら練習、で強くなりますか?

もちろん、大事ですよ。

深いボレーをしっかり相手足元に沈める、ロブの精度を上げる・・・。

でも、この改善に時間を使うくらいなら、私は「出来るだけベースラインで深いボールの処理、をしない方法」を考える方に舵を切ります。

賛否両論あると思いますが、自分のコントロールが割れるショットは、出来るだけ試合で打たないようにしたい。

打つなら、徹底的に逃げるか、ハッキリさせる。

練習するなら、前に出てネットプレー、もしくは深いボレーならもうドライブボレーで打ち返すとか。

弱点を見つけて強化する、という発想は、実は遠回りじゃないかと思うんです。

繰り返しますが、基本の強化は大事ですよ。

でも、地道に弱点を強化・・・だけでは、試合に強くなるのは難しい。

特に、私たち一般社会人、シニアやベテランの人はそうだと思います。

 

4.書き出す、ということは自分を知るということ

意外と、発見が多いと思いますよ。

試合の直後、自分のショットの精度について、自分の感覚をまとめてみる。

出来れば、対戦相手や仲間にも聞いてみて下さい。

「お前には、あれを打たせておけば自滅してくれる」と思っているショット、がきっとあるはずなんです。

それが、アナタ自身がコントロールが割れると認識しているショット、とは限らない。

まず書き出してみて、自分を知る、知ろうとする姿勢。

これが、私は何より大事だと思います。

 

得意なショットについては考えるけど、苦手なショットについては目を伏せる。

これが普通です、テニス選手として。

書き出してみると、よく分かると思いますよ。

自分を知れば、もっと強くなるヒントがそこにはあるはずです。

ペンとノート、があれば出来る簡単なこと。

あとはやるかやらないか、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?

    夏も後半に入り、新チームでもある程度態勢が整ってきた部活が多いと思いま…

  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い

    テニスの試合、私はいつも危機感を覚えている。他の競技よりも、試…

  4. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です

    テニス部で頑張っている皆さん、特にキャプテンとしてチームをまとめている…

  5. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  6. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践で…
  2. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント
  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  4. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備
  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの…
PAGE TOP