テニス メンタル

その他

試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。

これでは、次からどうやって練習して良いのか、分かりませんよね。

試合で打っていたときの、自分のショットを思い出してみてください。

試合の直後、にこれを考えて記録出来る人は、強くなる。

ほとんどの人は、自分のミスから目を背けたいはずですからね。

 

試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

 

1.コントロールが割れるショット、は必ずある

きっと、みなさんも多少は自覚しているはずです。

試合になると、コントロールが割れてしまう、上手くいかないショット・・・はいつも決まっている。

サーブ、リターン、ボレー、スマッシュ・・・色々ありますよね。

まずは、出来るだけ最近の試合を思い出しながら、書き出してみてください。

ポイントは、書き出す、ということ。

目に見える形にしないと、人は冷静に客観視出来ないですから。

 

2.書き出してみたら、共通点を探してみる

例えば、私で言えば相手の深いボレーに対するストローク、ベースラインから打つロブ、といったところが「割れる」ショットでした。

書き出してみると、気付けるんです。

なんだ、ベースライン近くで追い込まれたら、必ずショットが割れているな・・・と。

「当たり前じゃないか」と思うかも知れないですが、この当たり前になかなか気づけないんです、こうやって書き出してみないと。

共通点が見つかったら、やることは明確ですね。

ベースライン上で追い込まれた時、にどうするのか。

そしてこの改善方法にも、私は一工夫したいと思っています。

 

3.苦手なショットをひたすら練習、で強くなりますか?

もちろん、大事ですよ。

深いボレーをしっかり相手足元に沈める、ロブの精度を上げる・・・。

でも、この改善に時間を使うくらいなら、私は「出来るだけベースラインで深いボールの処理、をしない方法」を考える方に舵を切ります。

賛否両論あると思いますが、自分のコントロールが割れるショットは、出来るだけ試合で打たないようにしたい。

打つなら、徹底的に逃げるか、ハッキリさせる。

練習するなら、前に出てネットプレー、もしくは深いボレーならもうドライブボレーで打ち返すとか。

弱点を見つけて強化する、という発想は、実は遠回りじゃないかと思うんです。

繰り返しますが、基本の強化は大事ですよ。

でも、地道に弱点を強化・・・だけでは、試合に強くなるのは難しい。

特に、私たち一般社会人、シニアやベテランの人はそうだと思います。

 

4.書き出す、ということは自分を知るということ

意外と、発見が多いと思いますよ。

試合の直後、自分のショットの精度について、自分の感覚をまとめてみる。

出来れば、対戦相手や仲間にも聞いてみて下さい。

「お前には、あれを打たせておけば自滅してくれる」と思っているショット、がきっとあるはずなんです。

それが、アナタ自身がコントロールが割れると認識しているショット、とは限らない。

まず書き出してみて、自分を知る、知ろうとする姿勢。

これが、私は何より大事だと思います。

 

得意なショットについては考えるけど、苦手なショットについては目を伏せる。

これが普通です、テニス選手として。

書き出してみると、よく分かると思いますよ。

自分を知れば、もっと強くなるヒントがそこにはあるはずです。

ペンとノート、があれば出来る簡単なこと。

あとはやるかやらないか、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に勝てません

    効果的な練習、日々の中で皆さんできてますか?この「効果的」とい…

  2. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイントとは?

    今週から始まりました、全豪オープンテニス!錦織選手も初戦を突破…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

  4. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  6. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ

    今年もインターハイ、全日本ジュニアが終わり、ジュニア選手はこれでひと段…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケット…
  3. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽に…
  4. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
PAGE TOP