ボレー

成長するとは、受け入れるということ

目次

私自身、振り返ってみて感じること。

テニスが成長出来た時期って、何かを自分の中で「受け入れる」ことが出来た時期なんですよね。

最初はすごく苦しいんですが、自分の中で「変わらないといけない」という危機感や悔しさのようなものが先に立つ。

自分の中で決心がつけば、あとは早いですよ。

そして、この経験がテニスを通じて出来れば、仕事でも勉強でも応用出来る。

自分のテニスを貫くことが、いつしか「自分が居心地の良い場所に居続けること」になってはいませんか?

学生時代に感じた、ストロークプレーの限界

だって、みんな凄いんですから

私自身は、特にジュニア時代の成績も無いですし、ストロークも苦手意識が強かった。

でも、やっぱりテニスの基本はベースラインプレー、というのをどこかで信じ切っていたように思います。

良い選手は、良いストロークを持っている。

だから、自分もストロークを磨いていかないと、成長出来ない、と。

ただ、どんなに頑張っても周りはみんな、安定感は凄いしフォアハンドでバンバンエースを狙って来る。

こりゃ、何かを変えないとな、と感じたのが大学3年くらいの頃でしょうか。

今でも、その時のことはよく覚えています。

ネットプレーを、受け入れる

元々ボレーは苦手な方ではありませんでしたが、特にシングルスではなかなか使えないままでした。

そこを、「必要なことなんだ」と受け入れる。

勇気を出して、前に出て失点する自分も、受け入れる覚悟を持つ。

最初は上手くいかなくても、簡単には止めない。

ストロークで打ち合っている方が楽しいし、簡単な相手には楽に勝てるかも知れない。

でも、それじゃダメだと。

成長する為に受け入れること、から全ては始まるんです。

受け入れれば、学ぶ姿勢に

とにかく、ネットプレーが上手い選手を見に行きました。

近くの草トーでもスクールでも、JOPの大会でも。

今のように動画サイトはありませんから、生で観る機会を自分で作るしかない。

薄いグリップ、ポジショニング、相手との駆け引き…目に見えないものを、何とか感じたいと思ってました。

こういう自分になれたのも、最初に「受け入れる」ことが出来たから。

逆に言えば、受け入れることが出来ていない人に何を指導してもムダですよ。

心の奥底で、「これは自分のテニスじゃないしな」と思ってますから。

だから、成長も出来ないし試合でも勝てない。

それだけのこと、ただ目には見えない大事なこと、なんです。

目の前の勝利を、捨てる勇気

インカレレベルの選手だって、ボレーは怪しい

特に、女子選手を観ていて感じました。

ボレーはやっぱり、苦手意識がある選手が多いなと。

ダブルスの試合は、セカンドサーブを前衛に打ち込んでチャンスを引き出す、もしくはその返球が出来ない、というケースも多い。

ここを、乗り越えられるかどうか。

目の前の勝利、今までは簡単に勝てた相手でも、自分を成長させる為に一度負けるくらいの勇気を持てるかどうか。

ベースラインプレーからネットプレーに幅を拡げていく過程って、私はこの試合経験が現場で必要だと感じています。

苦しめているのは、自分自身

何人かに話を聞いてみると、こんな答えが返って来ました。

「ボレーで決めるのが、難しいんです」と。

ん?決める?

どうやら、ボレー=フィニッシュショットという意識が強く、相手の重たいストロークも抑え込んでボレーでエースを狙わないといけない、と思っている。

これでは、自分で自分を苦しめているようなもの。

ネットに出る=全てのボールを決める、と思い込んでいると、そりゃ苦しいですよ。

ミスばかりで、そんな自分を受け入れることが出来ない。

ネットに出て、1本つなぐ意識があるだけでも自分が楽になる。

このあたりに気付けるかどうか、周りが指摘してあげることが出来るかどうか、が大きな分かれ道だと私は思います。

テニスの試合に、勝ちたいなら

どこかで、周りの選手との違いを作らないといけない。

ストロークの強化、基本ですし大事でしょう。

でも、それを極めようと思っても、更に自分が苦しんでいくだけ。

ネットプレーを自分の中で受け入れて、幅を拡げていけばそれが周りの選手との差になり、勝利へと近づく。

だからこそ、大事なのはアナタ自身の決意です。

技術や環境の問題より、自分の中で変化を受け入れるということが大事。

テニスの試合に勝ちたい、と本気で考えるなら。

何かを受け入れて成長していく、そんな自分を楽しんでいきましょう。

社会人の方こそ、まだまだ変われる

と、私は感じます。

年齢が上の方ほど、ネットプレーを磨いたり、ベースラインプレーもまた同様です。

誰かのアドバイスが必要?

その前に、自分自身で受け入れることが出来るかどうか、です。

変わっていく過程で、負けることも増えるでしょう。

私自身も、そうでした。

今ではその時に感じた痛みなんて、もう忘れてしまいましたけどね。

それ以上に、受け入れて成長出来た景色が素晴らしかったですから。

色々書いて来ましたが、最近YouTubeの撮影が多く自分のテニスをさぼり気味でした…ので!これからまた鍛え直します!

ピックアップ記事

  1. 5/22(水) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 inSEN…
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  2. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?

    「私はセンスが無くて…ドロップ系のボールが、打てません」とい…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケットが消えない」のが大前…

    ボレーの基本は「ラケットを振らない」と、教えられた方も多いと思います。…

  5. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

    相手に、「やられた!」と思う瞬間。みなさんは、試合でどんな時に…

  6. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニスフリークならチェックしておきたい!テニス情報サイトとは?
  2. メンタル

    「1セットマッチ5-2リードは要注意」テニスの試合で挽回されやすい原因を考えてみ…
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう
  4. テニス ボレー

    戦術

    試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る
  5. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう
PAGE TOP