テニス ボレー

スマッシュ

スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い

スマッシュをバシッと決めると、試合でも乗っていける。

逆に、ミスしてしまうと1失点以上のダメージ、が残りますよね。

それなのに、なかなかスマッシュを改善していこう、練習していこうという人が少ないのが、私はすごく気になります。

苦手意識、がある人はまずここから改善して欲しい。

肘の使い方、を変えるだけでスマッシュは本当に、見違えますよ。

 

スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い

 


 

1.スマッシュ!という現実を、歓迎する

とにかく、テニスでは攻撃のチャンスですから。

多少下がりながらでも、スマッシュを打てること、にまず喜びを感じる。

「よし!」と思えるように、セルフコントロールする。

この意識、だけでもかなり身体の動きが軽くなるはずです。

スマッシュという現実、自分が打つんだということを、素早く受け入れる。

これが基本のスタンス、です。

 

2.スマッシュの準備は、利き腕の肘のセットから

パッと横向きを作って、利き腕の肘を落とす。

ラケットの先は空を向くようにして、「いつでも打てる態勢」の上半身を素早く作る。

これが、スマッシュが上手い人は早いんですよね。

パッとこの準備をして、大きなフットワークで下がっていく。

上半身の形の準備、肘のセットが早いだけで、かなりスマッシュは安定して打てるはずです。

 

3.肘を落とす、からスマッシュにパンチ力が出る

利き腕の肘を落として、リラックス。

その後には、肘を上げて、ラケットを振っていく。

スマッシュでは、アナタが思っている以上に、この動きを早くしないとダメ。

ボールはどんどん、落ちて来ますからね。

スマッシュを振り遅れる人は、ボールが近づいて来てから、落ちて来てから肘を落としている。

これでは、余裕も無いし、間に合わない。

肘が落ちた状態、を作りながら、完成させて下がる。

くらいの意識で、ちょうど良いでしょう。

 

4.構えが早いと、打てるコースだって選べる

スマッシュも、構えが早いと打ち分けが出来る。

少なくとも、相手は「どっちでも打てそう」に見てくれますから。

余裕が無い人のスマッシュは、打つコースも読まれやすい。

上手い人、強い人のスマッシュは、構えが早くて余裕があるから、守る方も予測が出来ない。

肘の位置を素早く落とす、だけでかなりスマッシュは見違えるはず。

ぜひ、意識してみて下さいね。

 

肘を素早く、落とすこと。

サーブをイメージして、利き腕の肘の位置を素早く作ること。

この意識で、ぜひスマッシュを大好物、にしてみて下さい。

ダブルスの試合、ロブを打たれても大歓迎。

どうでしょう、少しワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  2. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  4. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

    ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。これ、大き…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
  2. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付け…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「上でコンパクトに打ち終わるスマッシュ」を身に付けて、次への準備を早くするとネッ…
PAGE TOP