スマッシュ

ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

ダブルスの試合で、よくある光景。

相手にロブを打たれて、前衛が打てないから後衛が走ってカバー。

これでは、当然ポイントは苦しくなる。

でも、みなさん当たり前のようにこれを試合で繰り返している。

そう、まるで基本プレーのように・・・不思議です。

ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

1.チェンジは苦肉の策、である

ダブルスの試合で、これを忘れていませんか?

前衛がロブを取れないでチェンジ、後衛がカバーって、美しいプレーでも何でもない。

相手から効率よく攻められて、苦しい状況に自分たちからなっているようなもの。

それなのに、まるで基本プレーをしっかり出来ているかのように、本人たちは気にしていない。

そんなスタンスでは、試合には到底勝てない。

まず、ダブルスペアとしてどういう指針で挑むか、をハッキリさせましょう。

2.触れないからチェンジ、では勝てない!

触れないからチェンジ、の時点で、遅い。

判断が遅いし、後手に回っているのが事実でしょう。

触れないからチェンジ、ではなく、チェンジするなら「ポーチに出ると決めていたから、チェンジ」でしょう。

後ろを捨てる代わりに、しっかり前衛がポーチに出る。

この意識があるから、後衛も最初からカバーに走れますからね。

チェンジプレー、の形で準備しておけば動きも機敏で、相手にもプレッシャーがかかる。

とにかく、「ロブが厳しくて触れないからチェンジ」だけは止めましょう、本当に。

3.スマッシュを打ち切るポイント、を打ち合わせで作る

女子ダブルス、ベテランシニアの試合だと、ロブが増えますよね。

だからこそ、前衛が絶対にスマッシュを打ち切るポイント、を作りましょう。

これを作れるかどうか、でダブルスの強さは決まります。

「次のポイントは、ロブを誘って自分で打つね!」と、心に決めておく、ペアにも伝えておく。

そうすることで、しっかり素早く下がってスマッシュ、打てるはずですよ。

4.ダブルスの前衛は、この2パターンをハッキリさせよう

要は、ポーチに出るのか、下がってスマッシュを打てるのか。

この2つをハッキリさせておくこと、が私は大事だと思いますよ。

そうすれば、相手のロブへの対応もハッキリする。

打とうとして打たない、というような中途半端なことは起きないですから。

全ては、自分たちの決断次第。

相手のロブの精度、が問題じゃないですよ。

きっと、アナタ自身、ペアの方針次第です。

ロブをどう処理するのか。

この問題について、私はいつも軽視されているように感じます。

自分の決断次第、です。

強いペアになっていけるのかどうか、ぜひペアで話し合ってみてください。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

    テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人…

  3. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  4. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  5. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  6. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず

    スマッシュの決定力、皆さんどうでしょう?私は何度も、その人のテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  2. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!
  3. ロブ

    人がロブを打ちたくなる瞬間、には法則がある
  4. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく
  5. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る
PAGE TOP