テニス ストローク

ストローク

振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース、よく見ますよね。

アドバイスのような、そうでないような。

でも・・・「気持ち」だけではテニスは上手くならないし、試合に勝てない。

メンタルが強い選手が、足が速い訳ではない・・・ですからね。

全ては技術、の問題。

技術向上あってのメンタル、なんですから。

 

振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

 


 

■テニスは「ボールに追い付く」だけでは足りない競技

テニスというスポーツは、ボールの追いつくだけでダメ。

そこからしっかり相手コートに返球して、そこからのラリーで勝たないといけない競技。

もちろん、まず追いつくことが大事、な訳ですが・・・それって気持ちでどうこう、という問題じゃない。

基礎的な走力、最低限の諦めない気持ちは大事ですが、それ以上に大事なのはテニスに必要なフットワークの技術。

この技術が無いと、テニスの試合では粘りが生まれない。

そう、気持ちやメンタルの強化の前に、見直すべきはテニスの試合で使えるフットワーク術、です。

 

■ボールの後ろに入るには、「打点」のイメージから

相手が打った瞬間に、自分が「どこで、どういう打点で打つのか?」というイメージを具体化しないといけない。

漠然とボールを追う、のではなく、相手が打った瞬間に自分がどう返球するのかイメージを沸かせる。

ここをまず、考えましょう。

足が速くても、この想像力が乏しい人はテニス選手らしいフットワークが身に付かない。

しっかりボールに対して、打点の後ろに入る、そして待ち構えるくらいの意識が大事。

相手が打った瞬間に、というイメージが大事。

レベルに限らず、普段の練習からこのスピード感、意識してみましょう。

 

■振り回される、のではなく「隙を伺うフットワーク」でいこう

しっかりボールの打点を予測し、先回りする。

これは、大きな歩幅で走り出し、ボールに合わせていく動きを意識すれば誰でも出来る。

もちろん、出だしはスプリットステップで。

基本をしっかり意識すれば、相手がどんなに速く強力なボールを打ってきても、慌てることはありません。

振り回される、のではなく、相手の隙を常に伺うつもりで。

「振り回されている・・・」と思っていると、それはメンタル的な弱さにつながる。

相手に打たせて、自分は走っているだけ。

コツとしては、相手が打つ少し前に少し早めにスプリットステップ、止まることを意識してみましょう。

きっと落ち着いて、対応出来るはずです。

 

少し、フットワークの抽象的な話になってしまいましたが、その前提の意識は大事。

大事なのは、受け身にならないこと。

テニスが強い選手、に振り回されているのはアナタの身体じゃない。

アナタの気持ちであり、心・・・じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    「テニスにおける隙の無い並行陣を崩す」為のストローク術とは?

    ネットプレーが得意な選手の並行陣、とても安定感がありますよね。…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

    「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピ…

  6. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

    フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっ…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる
  4. テニス メンタル

    戦術

    ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう
  5. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点
PAGE TOP