テニス ボレー

スマッシュ

スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。

もう、この世の終わり位に落ち込んでいく人、いますよね。

そんな苦手意識が強い方は、もう発想から大きく変えましょう。

スマッシュ、というショットの概念を変える。

無理やりにでも、自分に余裕を作るという発想、が大事だと思いますよ。

 

スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

 

1.必ず、相手コートを一度見る!

相手がロブを打って、自分がスマッシュ。

その為に下がっていく前に、チラッと相手コートを見ましょう。

これは、上手い人がやっているから、技術のある人だから出来ること、では無いんです。

下がり始める時に、この相手コートをチラ見することで「余裕」が生まれる。

相手の状況を見てみると、「なんだ、そんなに慌てなくても大丈夫だな」と思えるようになる。

初心者の方でも、一緒です。

良いんです、一回ボールから目を離しても。

これくらいの余裕、を自分で作るからスマッシュはリラックス出来るんです。

 

2.ずっとボールを追いかけても、緊張するだけ

私は、こう思いますよ。

ずっとボールを目で追いかけるのって、疲れませんか?

自分で勝手に自分を緊張させていく、追い込んでいく。

相手がロブを打った瞬間に、一回相手コートを見るとすごくリラックス出来るんですよね。

そこから、下がりながらボールを目で追う。

これで充分です。

実はこれって、対戦相手からしても嫌なんですよね・・・。

 

3.「見られている!」と感じたら、人は動けない

みなさんも、強い相手と対戦したときに感じたことはないですか?

「やたらとこっちを見て来るな・・・」と。

そう、上手い相手、試合慣れしている選手は、ラリー中でもしっかり相手を見る。

そうなると、なんだか睨まれた小動物のように動けないような感覚、になることがある。

スマッシュを打つ前でも、チラッとコートを見られるだけで、すごく嫌、なんです。

そんなに難しいことではない、実は自分自身が楽になること。

スマッシュのようなショットでは、こういう小さい工夫が大事です。

 

4.自分がスマッシュを打つコース、を見て良い

目線まで隠す必要はないでしょう。

自分が打つコース、を見て良い。

そのコースにしっかり打つ、軌道の線を引いて、そこにボールを乗せていくイメージですね。

私は普段、スマッシュは基本逆クロス方向に打つので、ロブが上がったらそのコースをチラ見する。

後は、下がって打つだけ。

この一瞬のルーティーンが、すごく自分を楽にしてくれる。

まぁ、打つコースがバレても良いんです。

とにかくスマッシュは、自分が自信を持って楽に打てる方法、がまず優先ですからね。

 

難しいと思っていること、上級者しか出来ないと思っていること。

実は凄く少ないんです。

だから、私は何度も「真似しましょう!」と言い続けています。

彼ら、彼女らは知ってるんですよ、テニスの試合で「美味しい」秘策を。

見ていないようで、実はチラ見してますからね。

このサイトでも、どんどん公開していきたいと思いますが、まずはアナタ自身の研究心と好奇心が第一。

相手からロブが上がったら、相手コートをチラ見。

スマッシュは、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

    スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。これが出来れば、もっ…

  2. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

    アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と…

  3. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

    ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

    スマッシュの決定力は、反応次第。相手のロブにいかに早く気付けて…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?
  3. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知る…
  4. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させて…
PAGE TOP