テニス ボレー

ダブルス

「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」と、ならない為には?

テニスの試合に出ていれば、こんなあるある、ありますよね。

ストレートケアしていても、飛んで来たボールに対応できない。

その根本には、「ケアする=守る」という意識が根強くあり、どこか待ちの態勢になっているから。

意識を変えてしっかり動くことで、本来の「ストレートケア」になるのかも知れません。

 

「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」と、ならない為には?

 

■待って打つボレーに、未来なんて無い

足を止めて待っている、ところに急にボールが飛んで来ても打てなくて当然。

気持ちが引いてしまって守りに入っていると、そのままプレーに表れます。

ストレートケア=待ち構えている、訳ですから、そこに来るボールは自分でしっかりコントロールして攻撃したいところ。

そう、ストレートに来たボールにポーチに出ているくらいの感覚を持つことが大切です!

 

■相手を「誘う」のと「打たれる」のでは、雲泥の違いがある

アナタは、ストレートに「打たれて」いますか?

それとも、「誘って」いますか?

誘えている前衛は、相手の後衛を手玉に取っているという感覚がある。

ストレートケアだけでなく、クロスもポーチに出ているから、相手は「嫌だな・・・邪魔だな・・・」という想いで、ストレートに打ってくる。

「打たれている人」は、逆に前衛としてなめられていると思った方が良い。

これを感覚的にどちらであるか察する力、洞察力が試合では必要なのです。

 

■ストレートケア、するのであれば同じくらいの数をクロスへポーチに出よう!

ストレートケアして自分の気配を「消して」いる人、そのままで試合に勝てると思いますか?

成長するには、消極的な姿勢は禁物。

ストレートに誘うのであれば良いですが、打たれていると感じたらもっとネット近くに行ってプレッシャーをかけましょう。

厳しいボールでも、まずはしっかり相手コートに返す手堅さを見せておく。

そしてストレートをケアする、塞いだら、次はクロスのボールへ飛び込んでいく。

この繰り返しで、前衛の仕事がやっと果たせるのです。

 

女子ダブルスの前衛、もっと仕事ができるはずです。

ストレートに誘うのは、通常のストレートアタックの他に、ロブを上げさせることも。

スマッシュを一足先に察知できれば、アナタは後ろに動くこともできますよね。

クロスのポーチも、思い切って少し下がりながら出れば相手の繋ぎのムーンボールも触れます。

ストレートケア、からは一歩卒業して積極的に動ける前衛に、なっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    現在、有明テニスの森公園で開催されている全日本大学対抗テニス王座決定試…

  2. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  3. ダブルス

    相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

    相手の前衛がポーチに出られて、決められてしまう。これを、ただの…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

  6. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いとは?

    特にダブルスの試合では、「フェイント」と呼ばれる技術が多用されるのがテ…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブのコースはどっちが決める?」の質問にお応えしま…
  3. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
PAGE TOP