テニス 並行陣

ダブルス

誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」

ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。

サーブ&ボレーで、どんどん前に、攻撃的に・・・という感じ、すごく圧迫感がある。

でも、ここはぜひ皆さんにも視点を変えてみてもらいたい。

私は、並行陣ってすごく守備的な陣形だと思いますよ。

 

誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」

 


 

ダブルスの並行陣は、「前と後ろ」のバランスが良い陣形

ダブルスの試合、例えば雁行陣ってどうでしょう?

前衛がネット近く、後衛がベースラインにいて、一見バランスが良いようにも見えますよね。

でもこの陣形、ある前提に基づいている。

それは、「後衛が前も左右も走れる」ということ。

浅いドロップショットもケアしながら、後衛の後ろはチェンジしてカバーする、そんな陣形こそが雁行陣。

では並行陣は、どうでしょう?

ボレーする機会は増えますが、前の浅いボールにも強いし、ロブもサービスラインくらいに後衛がいればバランス良く守れる。

だからベテランの選手や脚力に自信が無い人でも、守備的にバランス良く戦える陣形、なんです。

 

「ボレーは攻撃の技術」という、思い込み

皆さん、この思い込み、強くないですか?

「並行陣は2人ともボレーだから、攻撃的なんじゃないの?」という点。

実は、これも先入観が強い。

私からすると、ボレーは守備的な技術としての意味合いが強い。

前をしっかりケアして、しっかり粘る、粘って相手のミスを引き出す、無理してもらう。

並行陣の強いペアって、自分たちから攻撃的なボレーをたくさん打つポイントは、少ない。

出来るだけ手堅く、守備的にバランス重視でストロークミスを誘う。

この作戦にやられた経験、無いでしょうか・・・?

 

並行陣は上級者だけが出来る陣形、ではありません

テニススクールでは中級以降、学校の部活ではあまりやらない・・・から、どこか上級者の戦術と思われがち。

これが、まず大きな誤解です。

並行陣は、とにかくやった分だけ試合で使えるようになる。

サーブ&ボレーが難しければ、リターンから前、の並行陣だって良い。

ネットに積極的に出ることで、相手のミスが増えるし試合のバリエーションも広がる。

ダブルスがもっと楽しく、立体的になっていくことは私が保証します。

ぜひ、攻撃的な先入観を捨てて守備的、な並行陣、頑張って練習してみて下さい!

 

ストローク全盛期、だとどうしてもボレーが弱い、苦手なイメージを勝手に持ってしまう。

確かにトップレベルの試合はそうかも知れません、実際に全日本選手権でも並行陣を使うダブルスは減ってきている。

でも、きっとまだまだ、私たちのレベルでは並行陣、ガンガンに使えるはず。

その為のノウハウは、少しずつこのT-PRESSでも書き続けていきます!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスはいつでも、「お互い様」

    試合って、緊張します。でも、何で緊張していたのかを思い出してみ…

  3. テニス ボレー
  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. ダブルス

    ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

    ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。ボールは飛…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危…
  3. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー
  4. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
PAGE TOP