テニス サーブ

サーブ

サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

サーブ&ボレーで、意識したいこと。

それは、自分がどの程度前に入るのか、出るのかということ。

ちょっと誤解しがちなポイント、今回は整理しておきましょう。

セカンドサーブの方が、私はダッシュ出来ると思います。

 

サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

 


 

1.ファーストサーブ、意外と前に出れない

まず、速いですからね。

速度があるので、リターンの相手に到達するのも速い。

だから、思ったよりも前に出られないはずなんです。

速いサーブは、それだけサーブ&ボレーにはちょっと不向き、だと思います。

相手も速いテンポでリターンしてきますからね。

「ファーストだから、前に詰めないと!」と思って焦ると、上手くいかないですよ。

 

2.セカンドサーブの方が、前に出られる!

回転量が多く、速度も遅め。

だから、サーブ&ボレーで前に入ることが出来るのが、セカンドサーブなんです。

ファーストサーブよりも、1メートルくらいは前に出られると思いますよ。

それでも、余裕を持って早めに止まることを私はお勧めします。

「出来るだけ前に」と考えていると、相手のリターンに良い反応が出来ない。

サービスラインより少し後ろ、で充分です。

 

3.「セカンドの方がより前に!」は、一つのキーワード

私はいつも、この意識でサーブ&ボレー、です。

セカンドの方が前に出る、意識を持っておくとバランスが良いんです。

それに、セカンドサーブでも攻撃的な姿勢を貫けるじゃないですか。

前に出る推進力が強いので、しっかりジャンプ!振り切ろうと考えれば、伸びも出る。

セカンドサーブで強気になれる、のですごく良い。

サーブ&ボレーでは、意外とセカンドサーブの方が良い形が作れたりするもの、です。

 

4.「遅さ」を活かせばシングルスにも使える!

私は、シングルスでもサーブ&ボレー、使います。

それも、あえてのセカンドサーブで。

なぜなら、サーブの速度が遅いから。

それだけ相手に、自分が前に出るところを見せつけることが出来ますからね。

焦ってミス、パッシングショットを打とうとしてミス、が期待出来ます。

相手も、まさかセカンドでいきなり前に出て来るとは思っていないですからね。

この意外性、がテニスの試合では大きな武器になります。

 

遅さ、は弱点ひじゃない。

自分の武器に出来る、と考えてみましょう。

セカンドサーブ、何だか弱気になっていたのがばからしくなりますよ。

サーブ&ボレーには、かなり向いてますから!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるようになる!

    テニスはサーブが難しい。上のレベルの選手と一般の人のレベルの差…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない

    サーブのトスアップについて、もったいないなと感じること。なかな…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

    試合の中で、大事な場面でダブってしまう。これは、何度も私も経験…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・

    よく「トップスピンサーブのコツを教えて下さい」と言われるんだけど、そう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガスケ

    ストローク

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で
  2. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・…
  4. サーブ

    テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変…
PAGE TOP