テニス メンタル

サーブ

セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

セカンドサーブは確率重視。

実際に、コースを狙ったりするのは難しい、という方も多いと思います。

まず、入れることで精いっぱい。

試合に出始めたころは、それで良いと思います。

何よりダブルフォルトの失点が痛いですからね。

でも、どうでしょう、3回戦、それ以上勝ち上がっていくと・・・壁に当たるはずです。

何かを変えないと、ずっとセカンドサーブからのポイント奪取率は変わらないでしょう。

 

セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

 

1.セカンド―サーブ、入れるだけ?

もちろん、これが最低限必要なのは分かります。

ダブルフォルトはそのまま失点ですし、痛い。

でも、もっと痛いことがあります。

それは、入れても入れても、セカンドサーブからポイントが取れない、という場面。

こういう試合、経験無いですか?

とにかく叩かれたり、リターンダッシュされたり、相手の良いように打たれてしまう。

もう、ダブルフォルトの方がマシなんじゃないかと、思ってしまいますよね。

こうなった経験がある方は、確実に強くなるステップを踏んでいる。

私はそう思いますよ。

 

2.セカンドサーブを、どう改革していくのか?

もちろん、ファーストサーブの確率を上げるのが第一、でしょう。

ですが、試合の中ではセカンドサーブを打つ機会も増える。

そうなったときに、今までのように入れにいくだけのサーブ、では通用しない相手も増えて来ます。

アナタ自身に、改革のイメージはありますか?

ここは、ある種の理想から入ってみたい。

出来る出来ない、ではなくて、こうなればセカンドサーブからでもポイント奪取出来るイメージが広がる、という感覚を持つことが大事なんです。

 

3.セカンドサーブは軌道を高く、回転量多く

これが大前提、になります。

セカンドサーブ向きの軌道、ってテニスにはあるんです。

ボールが山なりで、しっかり回転がかかったサーブ、を両コーナーに打つ。

私の場合、センターへはスピン、ワイドへはスライス、がデュースサイドの基本。

アドバンテーサイドではセンターへスライス、ワイドへはスピン。

これしか打てない、だけどこの2種類はしっかり打てる、と自分でイメージ出来ている。

右利きの方なら、まずはこのイメージを持ってみてはどうでしょうか?

多少コースが甘くても、大丈夫。

相手が「セカンドでも狙って来るのか」と思ってくれれば、こっちのものです。

 

4.セカンドサーブこそ、3球目をイメージして打つこと

実際に、セカンドサーブはリターンされる、もしかしたら攻撃されるかも知れない。

その時に、リターン後のボールをどう展開していくのか、をイメージしておくことが何より大事です。

もう、入れることで精いっぱいの人、ばっかりじゃないですか。

こういう人は、リターン側の鴨になるだけ。

しっかり、3球目をイメージしてセカンドサーブを打つこと。

そうしておけば、その3球目とアナタのセカンドサーブがセットになりますよね。

サーブだけじゃない、返球されたボ―ルからどうしていくのか、がより具体的になるはず。

セカンドサーブ改革、ここからスタートです。

 

自分がセカンドサーブを打つ、という場面。

嫌々ながらも打つ、という雰囲気は出てませんか?

まだ失点もしていないのに、暗い雰囲気になるのは大問題。

3回戦以上を勝ち抜きたいなら、その雰囲気すら打破していかないと。

セカンドサーブ改革、始めるなら今です!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと

    試合を観ていて、しんどそうに見える場面。その一つが、間違いなく…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

    自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。入ったコー…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  4. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

  5. テニス サーブ
  6. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう
  2. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法
  3. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う
  4. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる
PAGE TOP